ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

【昆虫結束】Duel Linksデッキ紹介

デッキ解説

インセクター羽蛾のLv:4習得スキル『昆虫結束/毒鱗粉』↓

f:id:bonkula-t:20170103100400j:plain

自分の場に昆虫族モンスターが3体以上いる場合に発動できる。相手フィールド上の表側表示モンスター全ての攻撃力を800ポイントダウンする。このスキルは1ターンに一度しか使用できない。

を活かした低速コントールビート(嫌がらせビート)デッキ。

デュエルが長引けば長引くほど相手を不利な状況に陥れることができるのが最大の快☆感

 

必須カード

f:id:bonkula-t:20170103100357j:plain

f:id:bonkula-t:20170103100359j:plain

 レベル4モンスターをリリースすることで昆虫族のエースアタッカーである《ミレニアム・スコーピオン》を簡単にリクルートできる。

 

f:id:bonkula-t:20170103100358j:plain

手札を捨てることで相手モンスターの弱体化ができる永続魔法。全体的にステータスが低めな【昆虫族】のサポートができる。
また手札コストから昆虫族の墓地肥やしができるところもこのデッキでは重要なポイント。

 

f:id:bonkula-t:20170103095757p:plain

相手が直接攻撃を宣言した時、自分の墓地に昆虫族モンスターが3体以上存在する場合に発動する事ができる。そのモンスターの攻撃を無効にし、自分フィールド上に「スパイダートークン」(昆虫族・地・星1・攻/守100)3体を攻撃表示で特殊召喚する。

《孵化》や《バルーン》から能動的に昆虫族を墓地に落とすことで容易に発動条件を満たせる。相手の攻撃を防ぎつつ一気にスキル『昆虫結束/毒鱗粉』の発動条件を満たせるのが最大の強み。トークンを《ミレニアム・スコーピオン》のリリース素材に使えればなお良し。
一度このカードを発動出来れば手札の展開と合わせてフィールドに昆虫族が三体の状態を維持しやすくなり、毎ターン『昆虫結束/毒鱗粉』発動という究極の嫌がらせも可能に。

 

その他相性の良いカード

f:id:bonkula-t:20170103100356j:plain

墓地に送られることで1000ものライフ回復ができるレベル4昆虫。《孵化》や《ワンダー・バルーン》のコストからライフ回復できるため相性が良い。
このカードの回復力からこのデッキの強みである長期戦に持ち込みやすくなる。

  

f:id:bonkula-t:20170103100354j:plain

f:id:bonkula-t:20170103100401j:plain

アタッカーとしては頼りないステータスだが《ワンダー・バルーン》や『昆虫結束/毒鱗粉』が機能しだす中盤以降はこの“たった攻撃力1500”も脅威になる。

 

サンプルデッキレシピ

ミレニアム・スコーピオン×3
髑髏顔 天道虫×3
フライングマンティス×3
吸血ノミ×3

孵化×3
ワンダー・バルーン×3

スパイダー・エッグ×2

 

【昆虫結束】の強みと弱点

相手モンスターは《ワンダー・バルーン》や『昆虫結束/毒鱗粉』で大幅に弱体化させつつこちらは自己強化が可能な《ミレニアム・スコーピオン》で押し切っていくというがこのデッキの主な勝ち筋。

弱点は『昆虫結束/毒鱗粉』の発動条件の厳しさ。《スパイダー・エッグ》と合わせることで即座に発動条件を満たせるが、このカードも墓地が肥えていないと発動できないため、序盤は『昆虫結束/毒鱗粉』に頼った戦いができない。