読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

【融合ハイビート】Duel Linksデッキ紹介

デッキ解説

《融合》と《フュージョン・ゲート》を合計5枚採用することで梶木漁太のLv:20習得スキル『バランス』↓

f:id:bonkula-t:20161230103658j:plain

初期手札にモンスターと魔法・罠がバランスよく入る。

から初手でほぼ確実に一枚の融合カードを握れることに注目した融合デッキ。

 

必須カード

f:id:bonkula-t:20170105131722p:plain

f:id:bonkula-t:20170105132218p:plain

このデッキのキーカード。

 

f:id:bonkula-t:20170104183513j:plain

f:id:bonkula-t:20170104183515j:plain

f:id:bonkula-t:20170104183514j:plain

二体の素材から融合召喚できるモンスターの中ではダントツに高いステータスを持つ。初手から安定して融合を握れるこのデッキなら1ターン目からかなりの高確率で《メテオ・ブラック・ドラゴン》の融合召喚が狙える。

 

f:id:bonkula-t:20170105131911p:plain

f:id:bonkula-t:20170105131757p:plain

サンドラ融合セット。お手軽に高打点モンスターを融合召喚できるのが強み。

 

その他相性の良いカード

f:id:bonkula-t:20170104183511j:plain

f:id:bonkula-t:20170104183512j:plain

f:id:bonkula-t:20170104183510j:plain

融合素材代用モンスター。これらを採用することで《メテオ・ブラック・ドラゴン》の融合召喚の安定性をさらに上げることができる。それぞれ闇遊戯、海馬、城之内のレベルアップ報酬で一枚づつ手に入り、入手も容易。

 

f:id:bonkula-t:20170105134553p:plain

墓地に送られることで《メテオ・ブラック・ドラゴン》の融合素材どちらでもサーチできる。このデッキは融合召喚主体で召喚権が余るため、通常召喚用モンスター兼アタッカー兼サーチ要員として扱える。

 

サンプルデッキレシピ

真紅眼の黒竜×3
メテオ・ドラゴン×3
サンダー・ドラゴン×3
心眼の女神×1
破壊神 ヴァサーゴ×1
イリュージョン・シープ×1
青竜の召喚士×3

融合×3
フュージョン・ゲート×2

 

エクストラデッキ:

メテオ・ブラック・ドラゴン×3
双頭の雷龍×2

 

【融合ハイビート】の強みと弱点

1ターン目からほぼ確実に超高ステータスの融合モンスターを融合召喚できるのが最大の強み。初手が《フュージョン・ゲート》《サンダー・ドラゴン》《真紅眼の黒竜》《メテオ・ドラゴン》の四枚なら1ターン目から《メテオ・ブラック・ドラゴン》《双頭の雷龍》の二体を揃えることも可能。

その分手札消費が激しいのが弱点で、効果除去を多数採用しているデッキに対してはあっさりサバかれて終わることも。