読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

【シャドール】には《バージェストマ・ディノミスクス》と《紫毒の魔術師》採用が使える!?

2017年2月11日開催の大会で優勝したデッキ↓

第29回トレカマニア尼崎遊戯王CS 1位【十二獣シャドール】

 

【十二獣シャドール】の基本的な動きはこちらの記事参照↓

 

今回のデッキで特徴的だったのはこの二枚のカードの採用↓

f:id:bonkula-t:20170213113217j:plain

f:id:bonkula-t:20170213110711p:plain

 《バージェストマ・ディノミスクス》の手札を捨てる処理はコストではなく効果なのでシャドールを捨てることでディスアドバンテージを軽減できる。フリーチェーンで使える万能除外除去というのも普通に優秀。

あと②効果で水属性モンスターとして蘇生することから、《エルシャドール・アノマリリス》の融合素材としても使えたりします。

f:id:bonkula-t:20170213105937p:plain

 

続いて《紫毒の魔術師》。シャドールは闇属性・魔法使い族のテーマなのでこのカードのP効果と相性が良く、《影依融合》からデッキ融合した《エルシャドール・ミドラーシュ》にこの《紫毒の魔術師》を使えば強力な切り返し&制圧が可能になる。

f:id:bonkula-t:20170213113345p:plain

f:id:bonkula-t:20170213113330p:plain

また《シャドール・リザード》や《シャドール・ドラゴン》と《紫毒の魔術師》を組み合わせれば通常召喚からの切り返しも狙うことができ、

f:id:bonkula-t:20170213113218j:plain

f:id:bonkula-t:20170213113526p:plain

これらの動きがあることで相手の制圧布陣も突破しやすくなる。《紫毒の魔術師》はP効果での自壊をトリガーにモンスター効果での除去も使えるため、単純に二枚分の切り返しが狙えるのが強力ですな。

【シャドール】は“切り返し力の弱さ”が弱点だったのですが、《紫毒の魔術師》を採用することでその穴をカバーできるようになる。この性質から《紫毒の魔術師》を使うのは切り返しが重要な後攻からの方が良く、そのためこのカードはサイドデッキからの採用になっています。

 

にしても今の環境で(十二獣の力を借りてるとはいえ)【シャドール】デッキが優勝するとは。。やっぱりミドラーシュが十二獣に強い説はガチなのか!?↓