ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会で結果を残した【セフィラ】デッキ考察

2017年6月24日に開催した2017年7月リミットレギュレーション環境の大会で上位入賞したデッキ↓

哲会 〜竜星のあらしINワールド〜 5位【セフィラ】

 

新ルール環境での【セフィラ】の戦い方は、まず安定した《秘竜星-セフィラシウゴ》P召喚からの制圧布陣。

f:id:bonkula-t:20170630081138p:plain

↑この動きからお手軽かつ強力な制圧布陣を敷けるのが強み。

 

《智天の神星龍》を経由することでPゾーンを揃えつつ《秘竜星-セフィラシウゴ》をデッキから引っ張り出すことができ、

f:id:bonkula-t:20170630081626p:plain

《智天の神星龍》は《セフィラの神託》からサーチ可能。

f:id:bonkula-t:20170630081617p:plain

さらに《セフィラの神託》は《セフィラの神意》《テラ・フォーミング》からサーチできるため安定性は鬼高い。

f:id:bonkula-t:20170630081607p:plain

 

それに加え、新たな【セフィラ】のキーカードになったのが《EMオッドアイズ・シンクロン》

f:id:bonkula-t:20170630081833p:plain

②効果からPゾーンのカードと合わせてシンクロ召喚をすることができ、ペンデュラムデッキのS召喚が非常にお手軽になった。

EXデッキに送られた後は再びP召喚から展開することで、②効果を再利用することもできる。

《セフィラの神託》の効果によりS召喚からデッキトップ操作ができるため、Sモンスターで攻めつつ、次のドローのバリューを上げていけるのも強力。

 

このように《秘竜星-セフィラシウゴ》での“守り”と《EMオッドアイズ・シンクロン》からの“攻め”の二本柱で戦っていけるのが今の【セフィラ】デッキの強み。

サーチ手段が非常に豊富であるため、ペンデュラムデッキでありながら高い安定性を持っているのもグッドです。

 

これと同じ大会ではセフィラ出張型【真竜メタル】も結果を残していたり↓

ここに来て再びセフィラの評価が上がってきてますね。