ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会で結果を残した【セフィラ】デッキ考察

2017年2月11日開催の大会で上位入賞したデッキ↓

第29回トレカマニア尼崎遊戯王CS 4位【セフィラ】

 

ついに【セフィラ】が大会で結果を残したぞい!

マキシマム・クライシス』で登場した新規カードでの大幅強化により一気に注目を浴びたこのテーマ。

このデッキの基本的な動きや強みは上記の記事参照。

 

今回のデッキで特徴的だったのがこのカードの採用↓

f:id:bonkula-t:20170213123628p:plain

f:id:bonkula-t:20170213123823p:plain

【セフィラ】は《智天の神星龍》のP効果から動くデッキで、相手は《十二獣ドランシア》などでPゾーン絶対潰すマンな戦略を取ってくる。それに対するカウンターとして有効なのがこの《PSYフレームギア・γ》。相手のモンスター効果でのPゾーンメタを潰しつつ、リクルートした《PSYフレーム・ドライバー》と合わせてそのままレベル8シンクロに繋げることができる。

《PSYフレームギア・γ》の発動条件も【セフィラ】の“Pゾーンから動く”性質から満たしやすい。特にレベル8シンクロへ繋げる動きを意識するなら《PSYフレームギア・γ》を相手ターンでなく、あえて自ターンで相手の妨害への切り返し手段として使うのが強力です。

またこちらが先行の場合でも《灰流うらら》や《幽鬼うさぎ》での妨害に対する切り返しとして《PSYフレームギア・γ》が使え、この場合もそのままレベル8シンクロに繋げることができる。

このようにこのデッキでの《PSYフレームギア・γ》は先行でも後攻でも使え、さらにレベル8シンクロまで展開できる手札誘発として活用できるというわけ。・・これは壊れカードですわ(錯乱

 

もう一つ注目したいのがこのカード↓

f:id:bonkula-t:20170213121653p:plain

【セフィラ】なら 《宝竜星-セフィラフウシ》と《秘竜星-セフィラシウゴ》の二体からS召喚することができ、

f:id:bonkula-t:20170213121635p:plain

f:id:bonkula-t:20170213124141p:plain

《幻竜星-チョウホウ》①効果から地属性メタを貼れる。でこれが【十二獣】に刺さるんだわ!
チョウホウ③効果から十二獣を破壊しても《宝竜星-セフィラフウシ》または《秘竜星-セフィラシウゴ》のリクルートができ、制圧・切り返し共に【セフィラ】から展開した《幻竜星-チョウホウ》は十二獣に刺さりまくる。

サーチ手段の非常に豊富な【セフィラ】なら《宝竜星-セフィラフウシ》《秘竜星-セフィラシウゴ》の二体を揃えることも容易で、かなり安定して《幻竜星-チョウホウ》のS召喚が狙えるのもポイント。

 

素のデッキパワーが高く、十二獣にも強い展開を持つ【セフィラ】。これは完全に、環境入りのポテンシャル持ってるわ!