読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会で結果を残した《クリッター》採用型【真竜】デッキ考察

2017年4月15日開催の大会で上位入賞したデッキ↓

第161回ALANN CUP 2位【真竜】

 

このデッキで特徴的だったのは《クリッター》が3積みされていたこと。

f:id:bonkula-t:20161201204542p:plain

 フィールドの《クリッター》を真竜のリリース素材または《ドラゴニックD》で破壊することで各種手札誘発をサーチすることができる。

f:id:bonkula-t:20170419152412p:plain

f:id:bonkula-t:20170417155838p:plain

f:id:bonkula-t:20170417155823p:plain

真竜の動きと《クリッター》のサーチ条件が噛み合っており、かつ手札誘発は相手ターンに発動するため《クリッター》の制約もスルー出来るのがポイント。

これによりアドを取りながら安定して手札誘発を握ることができ、高いメタ性能を有しているのがこのデッキの強みでしょう。

 

《クリッター》に召喚権を使っても真竜永続魔法・罠②効果から真竜をアドバンス召喚できるため展開力はほとんど落ちません。この“真竜以外に召喚権を使う”という考え方は【魔導真竜】とも共通してますね↓

 

最近は【十二獣】【十二獣真竜】など妨害力の高いデッキが環境で結果を残し始めており↓

攻めだけに特化したデッキが勝ちづらくなってきたため、今回のようなメタれる【真竜】構築が今後は流行ってくるかも。