ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《竜星の具象化》採用で【恐竜竜星】はさらに鉄壁になる!?

2017年4月16日開催の大会で優勝したデッキ↓

第2回ストライク杯 1位C【恐竜竜星】

 

最近着々と環境で勢力を伸ばしてきている【恐竜竜星】ですが↓

 

今回のデッキで特徴的だったのは《竜星の具象化》が採用されていたこと。

f:id:bonkula-t:20170421083642p:plain

 《源竜星-ボウテンコウ》を安定展開できる【恐竜竜星】ではこのカードも容易にサーチでき、ボウテンコウが破壊された時は自身の効果と合わせて《光竜星-リフン》《炎竜星-シュンゲイ》の二体をリクルートすることで再びボウテンコウのS召喚が狙える。

f:id:bonkula-t:20170421084839p:plain

f:id:bonkula-t:20170421084922p:plain

f:id:bonkula-t:20170421084852p:plain

シュンゲイ②効果から相手ターン中でもS召喚できるのもオイシイ。

 

今の環境は破壊以外の除去手段を持つデッキが少ないため《竜星の具象化》からのリクルートも狙いやすく、防御力の高いボウテンコウと合わせると非常に厄介な鉄壁布陣を作ることができる。

これに《竜星の九支》も加われば、パーミッションからのボウテンコウ破壊→竜星二体リクルート→再びボウテンコウS召喚で九支サーチのループが可能になる。

f:id:bonkula-t:20170421085941p:plain

サイッキョ!

 

《戦線復帰》でボウテンコウを蘇生すればさらにアド獲得も可能。

f:id:bonkula-t:20170421090447p:plain

これらのカードから継続的にボウテンコウを展開しアド獲得と防御面を固めつつ、相手が息切れしたらそのボウテンコウを素材にした高レベルシンクロから一気に攻めに転じていく。

 

前の【彼岸】もそうだけど↓

新ルール環境になってじっくり戦うコントロール系デッキが結果を残し始めてますね。

一時期はソリティアオナヌーゲーと言われていた遊戯王が、今はちゃんとカードゲームしてる。

おれ、嬉しいよ。。