ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

【アグロドルイド】デッキ紹介

デッキ解説

序盤に優秀な1マナミニオンを並べていき、《蓮華紋》《野生の力》などの豊富な全体バフで一気にテンポブーストを狙うデッキ。

動きがハマったときの爆発力は他のデッキの追随を許さないほど強力で、今の環境最強のアグロデッキとも言われている。

 

キーカード

f:id:bonkula-t:20170515205154p:plain

f:id:bonkula-t:20170515205151p:plain

f:id:bonkula-t:20170515205152p:plain

f:id:bonkula-t:20170515205153p:plain

優秀な1マナミニオン。これらをはじめとする軽量ミニオンをいち早く盤面に揃えるのがこのデッキ最初の狙い。

 

f:id:bonkula-t:20170515205149p:plain

1ターン限定のマナ加速。これを使うことで1ターン目から多数のミニオンを盤面に揃えることができるようになる。

 

f:id:bonkula-t:20170515205144p:plain

f:id:bonkula-t:20170515205145p:plain

軽量全体バフ。自分の盤面にミニオンが多ければ多いほど威力を発揮する。1ターン目に《練気》を絡めた大量展開ができれば、2ターン目からこれらを撃っても大きなアドバンテージを得ることができる。

 

f:id:bonkula-t:20170515205150p:plain

とどめの火力。《蓮華紋》《野生の力》でのバフからテンポを取り、このカードでフィニッシュという勝利プランがこのデッキ理想の動き。

 

f:id:bonkula-t:20170515205148p:plain

一気に大量のトークンを並べることができる呪文。《蓮華紋》《野生の力》との相性の良さは言わずもがな。手札消費の激しいアグロデッキという性質上、このカードのデメリットもほとんど気にならない。

 

f:id:bonkula-t:20170515205157p:plain

扱いやすい単体バフ。《蓮華紋》《野生の力》のような大きなテンポブーストは狙えないが、獣を対象にすることで1ドローのおまけが付く。これにより“手数の減らないバフカード”として扱うことができるのが最大のポイントで、このカードの強みを生かすため獣ミニオンも一定数採用したい。

 

f:id:bonkula-t:20170515205155p:plain

f:id:bonkula-t:20170515205156p:plain

強力なメタ効果はもちろん、スタッツが優秀な軽量“獣”ミニオンという点でこのデッキと非常に相性が良い。これらを採用することで《ヤシャラージュの烙印》が扱いやすいくなり、さらに特定のデッキに対して非常に有利に立ち回ることができるようになる。
 自身の効果で除去&バフ⇒《ヤシャラージュの烙印》でさらにバフ⇒《蓮華紋》《野生の力》での全体バフと繋げたときの圧倒的なテンポブーストは圧巻の一言

 

【アグロドルイド】の強みと弱点

ブン回ったときはどんなデッキでも一瞬で葬り去ることができる圧倒的最大瞬間風速を持つのが一番の強み。《蓮華紋》《野生の力》でのバフは体力にも乗るため、AoEやミニオンへの攻撃にも強いのも特筆すべきポイント。

また《飢えたカニ》《ゴラッカ・クローラー》などメタ効果を持ったミニオンも採用しやすいことから【マーロックパワディン】【海賊ウォリアー】など特定のデッキに対して非常に有利に立ち回れるのも強み。アグロデッキでありながら環境メタとしての側面も持っているのが【アグロドルイド】の特徴。

一方初手にミニオンばかりが固まってしまったり、逆にバフ呪文ばかりが来てしまうとう“事故”が一定確率で起こってしまうのが弱点。アグロの初手事故は完全な負けフラグで、このデッキに限らずアグロデッキ全般に言えることだが、負けるときはほんとにあっけなく雑魚死する。

ただ序盤の動きをしくじっても《動き回るマナ》+《蓮華紋》《野生の力》で一気に巻き返しを図れるため、プレイング次第ではなんとかなる(ときもある)。

 

デッキレシピ

【アグロドルイド】 - ハースストーンデッキ検索|HearthGamers

 

 【アグロドルイド】プレイ動画