ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《ドブネズミ》が【クエストローグ】対策として有効な理由

《ドブネズミ》が【クエストローグ】対策として非常に有効な模様。

f:id:bonkula-t:20170524050252p:plain

 《ドブネズミ》の効果で場に出たミニオンは手札からの使用(Play)扱いにならないため、《地底の大洞窟》のクエスト条件を満たさない。

例えば相手の【クエストローグ】が《初級エンジニア》を手札と場に行き来させて《地底の大洞窟》の条件達成を狙ってきた時に、《ドブネズミ》からそれを引っ張りだして戦闘破壊すれば、相手のクエスト達成の思惑を大きく狂わすことができる。

f:id:bonkula-t:20170524050248p:plain

《初級エンジニア》を引っ張り出せなくてもそれをバウンスさせる《ガジェッツァンの渡し守》《若き酒造大師》を出させれば、相手のバウンス手段を一つ潰したことになり、クエスト達成までのテンポをロスさせることができる。

f:id:bonkula-t:20170524050238p:plain

f:id:bonkula-t:20170524050243p:plain

 

【クエストローグ】はデッキの性質上、採用されているミニオンはいずれも軽量低スタッツのものだけなので、《ドブネズミ》から“はずれを引く”心配がないのも好都合。

仮に目的のミニオンを引っ張り出せなくても、相手のミニオンを出させて戦闘破壊することで疑似的なハンデスになり、クエスト達成後の手数を減らすことができる。

 

つまり【クエストローグ】に《ドブネズミ》はどう転んでも刺さるというわけですな。

 

《ドブネズミ》を採用していないデッキでも《ストーンヒルの守護者》から発見することがあるので、これを採用しているデッキは上記のプレイングを覚えておきたい。

f:id:bonkula-t:20170524045011p:plain

 

《ドブネズミ》は他にも軽量主体のアグロ系デッキや雄叫びミニオンを多数採用したデッキへのメタとしても使用でき、今の環境で猛威を振るっている【アグロドルイド】【コントロールメイジ】対策としてもかなり使えたりします。

《ドブネズミ》、名前の割にめちゃくちゃ有能。