ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《KYOUTOUウォーターフロント》の評価が急上昇中!このカードはマジで強い。。

2017年6月25日に開催した2017年7月リミットレギュレーション環境の大会で上位入賞したデッキ↓

ACS 2位【WW壊獣召喚獣】

 

このデッキの特徴は《KYOUTOUウォーターフロント》は3積みされていたこと。

f:id:bonkula-t:20170701195637p:plain

というか最近のタッチ壊獣デッキはほとんどこれが採用されています。これまではあまり目立たなかったカードですが、今更ながらこのフィールド魔法、まあじで強い。

 

WWと《KYOUTOUウォーターフロント》を組み合わせた強力展開例

手札に《WW-アイス・ベル》と壊獣 、フィールドに《KYOUTOUウォーターフロント》がある状態で

f:id:bonkula-t:20170701195716p:plain

《WW-アイス・ベル》からのWW展開で《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》S召喚(壊獣カウンターが4つ貯まる)

f:id:bonkula-t:20170701195740p:plain

→《KYOUTOUウォーターフロント》②効果で《海亀壊獣ガメシエル》サーチ

f:id:bonkula-t:20170701195538p:plain

→相手モンスターをリリースし相手フィールドに壊獣特殊召喚(壊獣カウンターが1つ貯まる)→自分フィールドに《海亀壊獣ガメシエル》特殊召喚→《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》で相手の壊獣を戦闘破壊(壊獣カウンターが1つ貯まる)

最終盤面:《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》《海亀壊獣ガメシエル》+壊獣カウンター3つ

 

《KYOUTOUウォーターフロント》に貯まった壊獣カウンターを使うことで《海亀壊獣ガメシエル》④効果を使うことができ、《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》と合わせて非常に高い制圧盤面を作れるコンボ。

WW展開はその過程で多くのカードがフィールドから墓地に送られるため《KYOUTOUウォーターフロント》と非常に相性が良いです。

 

また《KYOUTOUウォーターフロント》①効果は魔法・罠が墓地に送られてもカウンターが乗るため、《グリモの魔導書》⇒《ルドラの魔導書》などの動きからも壊獣カウンターをモリモリ貯めることができる。

アレイスター⇒グリモ⇒ルドラ⇒召喚魔術という魔導召喚獣定番の動きからも一気に4つの壊獣カウンターを貯めることができます。

 

さらに相手のカードが墓地に送られても壊獣カウンターは貯まるため、相手モンスターの戦闘破壊や相手カードの効果破壊からもカウンターを増やしていくことができ、相手ターンのカード消費からも同じくカウンターを貯められる。

 

これだけユルユルのガバガバ条件で壊獣カウンターが貯まれば毎ターンの壊獣サーチはもちろん、壊獣モンスターの効果発動も積極的に狙えるようになる。これは壊獣ゲーが捗るわ。

さらに《KYOUTOUウォーターフロント》は③効果から壊獣カウンターがある限り破壊耐性を持つため場持ちも非常に良い。

 

もしかして《KYOUTOUウォーターフロント》って、《ドラゴニックD》以上の壊れフィールド魔法なんじゃ。。