ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

新テーマ【ヴァレット】活用法や相性の良いデッキ考察

2017年7月8日発売の『サーキットブレイク』で登場した新テーマ【ヴァレット】。

f:id:bonkula-t:20170708165134j:plain

f:id:bonkula-t:20170708165135j:plain

f:id:bonkula-t:20170708165136j:plain

f:id:bonkula-t:20170708165132j:plain

ヴァレットはリンクモンスターの効果の対象になった時に発動する①効果と、戦闘・効果破壊したエンドフェイズに後続のヴァレットをリクルートする②効果をそれぞれ共通効果として持つ。

 

①効果を安定発動させるのに使えるのが《ヴァレルロード・ドラゴン》。

f:id:bonkula-t:20170708172353p:plain

このカードの②効果を使うことでフリーチェーンでヴァレット①効果を発動させることができる。

ヴァレット①効果から②効果のリクルートに繋げることができるため、《ヴァレルロード・ドラゴン》とヴァレット一体をフィールドに揃えれば、毎ターン“ヴァレット発射”ができるようになる。

《ヴァレルロード・ドラゴン》は《スケープ・ゴート》一枚から展開することができ↓

あとはヴァレットを通常召喚することで上記コンボの布陣が揃うため、以外にお手軽に狙っていけるギミックです。

 

あと【ヴァレット】で非常に強力なドローソースとして機能するのが《スクイブ・ドロー》。

f:id:bonkula-t:20170708165133j:plain

ヴァレットを破壊することで2ドローでき、破壊されたヴァレットも②効果から後続を展開するため、実質ディスアドバンテージ無しで2ドローが出来る

ヴァレットは②効果から常に盤面に居座ることができるため、ヴァレットをフル採用しているデッキであれば《スクイブ・ドロー》は安定して発動させることができ、ほぼ《強欲な壺》と同じ感覚で使用することが出来る。

 

このように【ヴァレット】は②効果での盤面維持力を活かして《スクイブ・ドロー》からデッキ回転をさせつつ、《ヴァレルロード・ドラゴン》を絡めた強力な制圧布陣を狙っていく戦い方が理想でしょう。

また、ヴァレットは破壊がディスアドバンテージにならないという性質から【メタルフォーゼ】《ドラゴニックD》《天空の虹彩》などとも相性が良い。

f:id:bonkula-t:20170708174754p:plain

f:id:bonkula-t:20170708174714p:plain

これらのカードを使ったデッキに【ヴァレット】を出張させてみるのも面白いかもしれませんな。

 

遊戯王OCG デュエルモンスターズ CIRCUIT BREAK BOX

遊戯王OCG デュエルモンスターズ CIRCUIT BREAK BOX