ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

サーチ連鎖&物量!大会で結果を残した【EM魔術師】デッキ考察

2017年8月26日開催の大会で上位入賞したデッキ↓

第5回遊戯王デュエル甲子園 3位【EM魔術師】

 

このデッキの特徴はこの二枚のEMが採用されていたこと↓

f:id:bonkula-t:20170904141415p:plain

f:id:bonkula-t:20170903152807j:plain

P召喚主体のこのデッキなら《EMセカンドンキー》のサーチ効果を発動させるのは容易で、《EMダグ・ダガーマン》のP効果からセカンドンキーをサルベージして使い回すことができる。

《EMドクロバット・ジョーカー》⇔《EMペンデュラム・マジシャン》⇔《EMセカンドンキー》と相互サーチしていけるのもオイシイです。

f:id:bonkula-t:20170904141615p:plain

f:id:bonkula-t:20170904141726p:plain
ランク4の素材として墓地へ行ったドクロバットやペンデュラム・マジシャンを《EMダグ・ダガーマン》でサルベージするのもアリですね。

 

このギミックを使った展開例がこちら↓

《EMセカンドンキー》通常召喚し効果で《EMペンデュラム・マジシャン》サーチ→ペンデュラム・マジシャンP召喚し効果でPゾーン二枚を破壊し《EMギタートル》《EMダグ・ダガーマン》をサーチ

f:id:bonkula-t:20170904141820p:plain

→セカンドンキーとペンデュラム・マジシャンでランク4→ランク4効果を使いX素材のEMを取り除く→《EMギタートル》をPゾーンに置く→《EMダグ・ダガーマン》Pゾーンに置き①効果でEMサルベージ→ギタートル①効果で1ドロー

セカンドンキー1枚からランク4を展開しつつ手札を二枚増やせるコンボ。

 

魔術師本来のサーチ・アド回復力に上記のEMギミックも加えることで息切れせずにひたすらパチパチできるのがこのデッキの強み。

新ルールによりEXデッキからのP召喚は制限されてしまったものの、手札の物量を増やすことで手札からの大量P召喚が狙えるのもこのデッキの特徴ですね。