ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会で結果を残した【真竜帝】デッキ考察

2017年8月27日開催の大会で上位入賞したデッキ↓

すまいる杯 4位【真竜帝】

 

真竜と帝を組み合わせたアドバンス召喚特化デッキ。

《真竜戦士イグニスH》のステータスが2400/1000であることから《帝王の深怨》のトリガーや《帝王の開岩》からのサーチに対応しており、

f:id:bonkula-t:20170905155417p:plain

f:id:bonkula-t:20170905155726p:plain

f:id:bonkula-t:20170905155504p:plain

また永続魔法・罠リリースで真竜アドバンス召喚→真竜リリースで最上級帝をアドバンス召喚という動きも可能。

 

さらにこのデッキは《ドラゴノイド・ジェネレーター》が3積みされており、

f:id:bonkula-t:20170905155309p:plain

これにより下級モンスターを採用しなくても真竜・帝のアドバンス召喚を安定させることが可能になっている。

 

このデッキの強みとなる動きがこれ↓

永続魔法・罠をリリースし上級真竜アドバンス召喚→《帝王の開岩》効果で《天帝アイテール》サーチ

f:id:bonkula-t:20170905155547p:plain

→相手ターンに上級真竜①効果でアド獲得→《天帝アイテール》②効果で真竜をリリースし自身をアドバンス召喚→《帝王の開岩》効果発動でサーチ→アイテール①効果で《光帝クライス》リクルートしカード破壊

f:id:bonkula-t:20170905155616p:plain

このように真竜→《帝王の開岩》→最上級帝の流れがアツい!

 

またこのデッキはサイドデッキに《真帝王領域》と《メタバース》が採用されていたのも面白かったです。

f:id:bonkula-t:20170905155925p:plain

f:id:bonkula-t:20170905155656p:plain

相手ターンに《メタバース》から奇襲的に《真帝王領域》を発動することで相手のEXデッキ展開を妨害しつつそのまま制圧することができる。自ターンに発動する《テラ・フォーミング》と違い、罠カードのタイミングで発動できることで相手のカードリソースを使わせた上で妨害できるのが強力です。

マッチ二戦目以降、こちらが先行を取る場合の制圧手段として有効なギミックですね。