ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会で結果を残した【機界トーチ】デッキ考察

2017年11月4日開催の大会で優勝したデッキ↓

Ravine杯 1位【機界トーチ】

 

トーチリンクを軸とした新しいタイプのデッキ。

 

《トーチ・ゴーレム》から相手の好きなモンスターゾーンを二か所埋められることから機界騎士の特殊召喚が狙いやすくなっているのが特徴。

f:id:bonkula-t:20171113000830p:plain

f:id:bonkula-t:20171113000838p:plain

これらの機界騎士は自身の効果から後続の機界騎士をサーチすることができ、アド源としても活用できる。

 

《トーチ・ゴーレム》以外にも《多次元壊獣ラディアン》《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》と相手フィールドに展開できるモンスターが採用されており、これらで相手の制圧モンスターを喰いつつ、好きな相手のモンスターゾーンを埋めることで機界騎士の特殊召喚のサポートも出来る。

f:id:bonkula-t:20171113001025p:plain

f:id:bonkula-t:20171113002803p:plain

相手モンスターの対面に機界騎士を特殊召喚→上記カードで相手モンスターをリリースし別のモンスターゾーンにそれを展開→その対面にさらに機界騎士を特殊召喚、というムーブも強力です。

《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》は通常召喚できないデメリットが《トーチ・ゴーレム》と被っているためこのデッキでは使いやすい。《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》で相手の制圧モンスターをリリースしてからトーチリンクを始動するという動きが理想。
トーチと合わせて相手フィールドに展開してしまうデメリットも、トーチリンクコンボから《トポロジック・ボマー・ドラゴン》をリンク召喚しその効果を使うことで盤面を一層することが出来る。

f:id:bonkula-t:20171113002923p:plain

 

またこのデッキは《地獄門の契約書》からのDDギミックが採用されているのも特徴。

f:id:bonkula-t:20171113004118p:plain

f:id:bonkula-t:20171113004439p:plain

f:id:bonkula-t:20171113004051p:plain

f:id:bonkula-t:20171113004403p:plain

《DDラミア》は《地獄門の契約書》を墓地に送ることで簡単に特殊召喚ができ、リンク召喚主体のこのデッキの動きをサポートできる。《DDオルトロス》はP効果が扱いやすく、《地獄門の契約書》と合わせて二つの魔法・罠ゾーンを埋めることができることから機界騎士の特殊召喚サポートにも使える。《DD魔導賢者トーマス》はP効果から《DDオルトロス》のサルベージが出来る。

 

トーチリンクは一度の展開に大量のリンクモンスターを消費するのがデメリットなのですが、《貪欲な壺》《究極封印神エクゾディオス》からリンクモンスターをEXデッキに戻すことで何度もトーチリンクを狙えるようになっている。

f:id:bonkula-t:20171113004656p:plain

f:id:bonkula-t:20171113004726p:plain

墓地が肥えやすく《貪欲な壺》が扱いやすくなっているのは強みとも言えますね。

 

またこのデッキはレベル8と闇属性モンスターの採用数が多いことから《トレード・イン》《闇の誘惑》といったドローソースを活用できるのも強み。

f:id:bonkula-t:20171113001157p:plain

f:id:bonkula-t:20171113002445p:plain

これに加えて《貪欲な壺》《強欲で貪欲な壺》とこのデッキは非常にドローソースが豊富で、これによりサーチ手段が無い《トーチ・ゴーレム》も安定して握ることができるようになっています。