ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

出しやすすぎ!《超雷龍-サンダー・ドラゴン》の展開パターンまとめ【サンダー・ドラゴン】

2018年7月14日発売の『SOUL FUSION』で登場する新カード↓

《超雷龍-サンダー・ドラゴン》
星8/闇属性/雷族/攻2600/守2400

「サンダー・ドラゴン」+雷族モンスター
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●雷族モンスターの効果が手札で発動したターン、融合モンスター以外の自分フィールドの雷族の効果モンスター1体をリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事ができない。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地の雷族モンスター1体を除外できる。

 

 

 

①効果のサーチ封じがあらゆるデッキに対して機能し、②効果の破壊耐性から場持ちも良い。【閃刀姫】に特に刺さりそうなモンスターなのもポイント高し。

でこれ、【サンダー・ドラゴン】ならめちゃくちゃ簡単に出すことができます

 以下その展開パターンまとめ↓

 

パターン1:《封印の黄金櫃》一枚から(召喚権未使用)

f:id:bonkula-t:20180709074900p:plain

 《封印の黄金櫃》発動しデッキから《雷電龍-サンダー・ドラゴン》を除外

《雷電龍-サンダー・ドラゴン》
星5/闇属性/雷族/攻1600/守1500

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「雷電龍-サンダー・ドラゴン」1体を手札に加える。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「雷電龍-サンダー・ドラゴン」以外の「サンダー・ドラゴン」カード1枚を手札に加える。

→雷電龍②効果で《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》サーチ

《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》
星6/光属性/雷族/攻1800/守2200

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「雷鳥龍-サンダー・ドラゴン」以外の「サンダー・ドラゴン」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(2):このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。自分の手札を任意の数だけデッキに戻してシャッフルする。その後、自分はデッキに戻した数だけデッキからドローする。

→雷鳥龍①効果で《雷電龍-サンダー・ドラゴン》を帰還しそれをリリースして《超雷龍-サンダー・ドラゴン》特殊召喚

 

パターン2:《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》から(召喚権未使用)

《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》①効果で墓地または除外されているサンダー・ドラゴンモンスターを特殊召喚しそれをリリースして《超雷龍-サンダー・ドラゴン》特殊召喚

墓地or除外リソースが必要だがサンダードラゴンは①効果から能動的に捨てることができるため、初動からでもこの動きが狙いやすい。

 

パターン3:《雷電龍-サンダー・ドラゴン》+特殊召喚モンスターから

《雷電龍-サンダー・ドラゴン》①効果で同名モンスターをサーチ→特殊召喚モンスターを展開しそれをリリースして雷電龍をアドバンス召喚→雷電龍をリリースして《超雷龍-サンダー・ドラゴン》特殊召喚

《雷電龍-サンダー・ドラゴン》を《サンダー・ドラゴン》に置き換えても同じ展開が可能。

f:id:bonkula-t:20180709081049p:plain

 

パターン4:《雷獣龍-サンダー・ドラゴン》から

《雷獣龍-サンダー・ドラゴン》
星6/闇属性/雷族/攻2400/守 0

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、「雷獣龍-サンダー・ドラゴン」以外の「サンダー・ドラゴン」カード1枚を選んで手札に加える。
(2):このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「サンダー・ドラゴン」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。

《雷獣龍-サンダー・ドラゴン》①効果で《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》サルベージ→雷鳥龍①効果で雷獣龍を蘇生しそれをリリースして《超雷龍-サンダー・ドラゴン》特殊召喚

or

《雷獣龍-サンダー・ドラゴン》①効果で《雷源龍-サンダー・ドラゴン》サルベージ→雷源龍を通常召喚しそれをリリースして《超雷龍-サンダー・ドラゴン》特殊召喚

《雷源龍-サンダー・ドラゴン》
星1/光属性/雷族/攻 0/守2000

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨て、自分フィールドの雷族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力は500アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「雷源龍-サンダー・ドラゴン」1体を手札に加える。

 

パターン5:《雷劫龍-サンダー・ドラゴン》から

《雷劫龍-サンダー・ドラゴン》
星8/闇属性/雷族/攻2800/守 0

このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、モンスターの効果が手札で発動した場合に発動する。このカードの攻撃力はターン終了時まで300アップする。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、自分の墓地からカード1枚を除外して発動できる。デッキから雷族モンスター1体を手札に加える。
(3):相手エンドフェイズに、除外されている自分のカード1枚を対象として発動できる。そのカードをデッキの一番上または一番下に戻す。

《雷劫龍-サンダー・ドラゴン》②効果から《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》サーチ→雷鳥龍①効果でサンダー・ドラゴンを蘇生or帰還しそれをリリースして《超雷龍-サンダー・ドラゴン》特殊召喚

 

パターン6:《雷龍融合》から

《雷龍融合》
通常魔法

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のフィールド・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、雷族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから雷族モンスター1体を手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

墓地or除外リソースから《超雷龍-サンダー・ドラゴン》を出せる。《サンダー・ドラゴン》効果で二枚目の《サンダー・ドラゴン》サーチ→再び《サンダー・ドラゴン》効果で三枚目をサーチと動くことで即座に墓地に融合素材を揃えることが可能。

《雷龍融合》からなら《雷神龍-サンダー・ドラゴン》もお手軽に融合召喚できます。

《雷神龍-サンダー・ドラゴン》
星10/光属性/雷族/攻3200/守3200

「サンダー・ドラゴン」モンスター×3
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●手札の雷族モンスター1体と、「雷神龍-サンダー・ドラゴン」以外の自分フィールドの雷族の融合モンスター1体を除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):雷族モンスターの効果が手札で発動した時に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(2):このカードが効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地のカード2枚を除外できる。

 

上記展開から《超雷龍-サンダー・ドラゴン》を安定運用し、相手のサーチを徹底的に封じる戦略が【サンダー・ドラゴン】の強いムーブになりそうです。

 

遊戯王OCG デュエルモンスターズ SOUL FUSION BOX

遊戯王OCG デュエルモンスターズ SOUL FUSION BOX