ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会で結果を残した【墓守メタビート】デッキ考察

2018年7月23日開催のショップ大会で優勝したデッキ↓

ショップ大会(2018/7/23)1位【墓守メタビート】

 

 

 

《ネクロバレーの玉座》⇒《墓守の司令官》から超安定して《王家の眠る谷-ネクロバレー》を出して墓地メタしつつ、《王家の生け贄》に繋げてハンデスを狙うデッキ。

f:id:bonkula-t:20180807225623p:plain

f:id:bonkula-t:20180807225711p:plain

f:id:bonkula-t:20180807225632p:plain

f:id:bonkula-t:20180807225349j:plain

 

このデッキで採用されているモンスターは《墓守の司令官》《インスペクト・ボーダー》だけで、《墓守の司令官》はサーチ効果をメインに使うため、《王家の生け贄》からほぼ確実に相手の手札だけをハンデスできる。

f:id:bonkula-t:20180807225521p:plain

モンスターの採用が最小限に絞られており、特殊召喚も行わないデッキであるため《命削りの宝札》《強欲で謙虚な壺》といったドローソースも最大限に活かすことができる。

f:id:bonkula-t:20180807225842p:plain

f:id:bonkula-t:20180807225849p:plain

 

先行で《王家の眠る谷-ネクロバレー》⇒《インスペクト・ボーダー》⇒《王家の生け贄》のムーブが決まればほぼ勝ち

《王家の眠る谷-ネクロバレー》《インスペクト・ボーダー》の二枚だけでも相当高い制圧力を発揮できます。

 

ただ先行制圧に重点を置いたデッキになっているため、後攻での妨害・切り返し手段に乏しいのが弱点。