遊戯王コンボおじさんのブログ

遊戯王のコンボや環境デッキを紹介するブログです

大会で結果を残した【一撃必殺魔鐘洞】デッキ考察

2019年5月2日開催の大会で上位入賞したデッキ↓

 

 

 

《魔鐘洞》ロックで相手の動きを封じ、《一撃必殺!居合いドロー》でワンキル火力を狙うデッキ。

f:id:bonkula-t:20190510145331p:plain

f:id:bonkula-t:20190510140058p:plain

 

《魔鐘洞》をデッキから発動できる《メタバース》《終焉の地》、

f:id:bonkula-t:20190510143421p:plain

f:id:bonkula-t:20190510143436p:plain

さらに《メタバース》をデッキから引っ張り出せる《悪魔嬢リリス》《トラップトリック》をフル採用することで初動から安定して魔鐘洞ロックを決められるように。

f:id:bonkula-t:20190510143555p:plain

f:id:bonkula-t:20190510144037p:plain

 

《一撃必殺!居合いドロー》はフィールドにカードが4枚以上ある状態で効果が成功すれば8000以上のバーンが確定しワンキル火力になる。相手フィールドのカードの数が足りなくても、自分でカードをセットするなどすれば、ワンキル火力条件を満たすのは容易。

《一撃必殺!居合いドロー》は効果が失敗しても墓地から同名カードを回収できるため、常にデッキに一枚以上の“一撃必殺”を仕込んでおくことができ、デッキ枚数が少なくなればなるほど効果成功率も上がっていく。

 

《魔鐘洞》を魔法・罠での除去から守れる《身代わりの闇》《魔宮の賄賂》、さらに《ブラック・ホール》などで相手フィールドのモンスターを空にされた場合の対策として《おジャマトリオ》が採用されており、魔鐘洞ロックをより強固に維持できる構築になっている。

f:id:bonkula-t:20190510143054p:plain

f:id:bonkula-t:20190510143102p:plain

f:id:bonkula-t:20190510143315j:plain

 

魔鐘洞ロックで遅延しまくることで、どこかのタイミングで《一撃必殺!居合いドロー》が成功しワンキルを決めることができる。

運が良ければ後攻1ターン目の《一撃必殺!居合いドロー》でワンキルが成功することもあり、1ドローで勝負が決まるガチャ要素もこのデッキの魅力。