遊戯王らぼ

遊戯王OCG・デュエルリンクスのコンボや環境デッキを紹介するブログ

新テーマ【未界域】の基本的な動きとデッキレシピ紹介

2019年9月14日発売の『EXTRA PACK 2019』で登場する新テーマ【未界域】。

f:id:bonkula-t:20191003194834j:plain

f:id:bonkula-t:20191003194843j:plain

f:id:bonkula-t:20191003194854j:plain

f:id:bonkula-t:20191003194902j:plain

f:id:bonkula-t:20191003194920j:plain

f:id:bonkula-t:20191003194944j:plain

f:id:bonkula-t:20191003194955j:plain

f:id:bonkula-t:20191003194932j:plain

f:id:bonkula-t:20191003195227j:plain

f:id:bonkula-t:20191003195010j:plain

f:id:bonkula-t:20191003195021j:plain

f:id:bonkula-t:20191003195029j:plain

f:id:bonkula-t:20191003195038j:plain

f:id:bonkula-t:20191003195048j:plain

f:id:bonkula-t:20191003195058j:plain

f:id:bonkula-t:20191003195105j:plain

f:id:bonkula-t:20191003195112j:plain

 

①の共通効果からこちらがランダムハンデスしながら展開していくのが特徴のテーマ。

効果発動したのと同名カード以外のものが捨てられれば、効果発動したモンスターを特殊召喚しつつ1ドローができ、自身が捨てられた場合も②の固有効果が発動する。

この性質からハンデスはするもののディスアドバンテージにはならず、①効果発動した未界域と別の未界域を捨てることができれば、それの②効果分のアドバンテージを得ることができる。

捨てたくない魔法・罠は先にセットしておき、手札を未界域だけにしてから効果発動することで確実にアドバンテージを連鎖させることができる。

未界域①効果は発動制限がなく、手札の未界域が無くなるまでハンデス⇒特殊召喚&1ドローを繰り返せるのもこのテーマの強みで、ブン回れば恐ろしい展開力とデッキ回転が可能になる。

 

 

 

【未界域】サンプルデッキレシピ

未界域のビッグフット×3
未界域のサンダーバード×3
未界域のツチノコ×3
未界域のネッシー×3
未界域のワーウルフ×3
未界域のチュパカブラ×3
未界域のモスマン×3
未界域のジャッカロープ×3
暗黒界の術師 スノウ×3
暗黒界の鬼神 ケルト×3
暗黒界の軍神 シルバ×2
暗黒界の武神 ゴルド×2
暗黒界の龍神 グラファ×3

雪花の光×3

 

EXデッキ

トロイメア・フェニックス
トロイメア・ケルベロス
混沌の戦士 カオス・ソルジャー
ヴァレルソード・ドラゴン
ヴァレルロード・ドラゴン
トポロジック・ゼロヴォロス
鎖龍蛇-スカルデット
召命の神弓-アポロウーサ
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー

 

大量の未界域モンスターに加え、捨てることで自己蘇生できる暗黒界を採用することで未界域共通効果からの展開力を最大限に高めたデッキ。

f:id:bonkula-t:20190901234639j:plain

f:id:bonkula-t:20190901234555j:plain

f:id:bonkula-t:20190901234603j:plain

未界域モンスターの効果で暗黒界を捨てることができれば、未界域モンスターの特殊召喚&1ドロー+暗黒界の自己蘇生で、実質手札消費1枚でモンスター2体を展開することができる。

また墓地に《暗黒界の龍神 グラファ》があれば、自己蘇生した暗黒界をバウンスして自身を特殊召喚できるため、さらに手札消費を軽減できる。

f:id:bonkula-t:20190901234653j:plain

デッキのほとんどが未界域と暗黒界なので、未界域モンスターのランダムハンデスから確実にアドバンテージを稼ぐことができ、展開力を最大限に高めている。

 

モンスターだけでデッキ回転と大量展開ができるため、魔法・罠は《雪花の光》だけ採用し、これで手札を増やすことで未界域①効果の連鎖力をさらに高めている。

f:id:bonkula-t:20190901225334p:plain

 

展開力が非常に高いため、素材4体の《召命の神弓-アポロウーサ》《鎖龍蛇-スカルデット》展開も狙いやすく、これらの高リンクを複数体並べるのも余裕。

f:id:bonkula-t:20190901235053p:plain

f:id:bonkula-t:20190901235337p:plain

特に《鎖龍蛇-スカルデット》は素材4体で出すことで手札補充ができ、リンク先に後続を展開することでバフ効果も活かせるため、展開力のあるこのデッキと非常に相性が良い。

また未界域はレベル7・8モンスターが複数いるため、耐性持ちの《混沌の戦士 カオス・ソルジャー》のリンク召喚も狙いやすい。

f:id:bonkula-t:20190901234836p:plain

 

【未界域】はランダムハンデスしながら展開していくデッキなので、手札誘発を採用しにくいのが難点。

ただ《未界域のビッグフット》《未界域のサンダーバード》《暗黒界の龍神 グラファ》と手札から捨てられることで相手カードを除去できるカードは豊富になるため、相手先行で強い盤面を作られてもある程度は切り返しやすい。

未界域はフィールドで発動する効果は無いため、フィールドを制圧する盤面に強いのも魅力。

 

遊戯王OCG デュエルモンスターズ EXTRA PACK 2019 BOX

遊戯王OCG デュエルモンスターズ EXTRA PACK 2019 BOX

  • 出版社/メーカー: コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
  • 発売日: 2019/09/14
  • メディア: おもちゃ&ホビー
  • この商品を含むブログを見る