ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《クリムゾン・ブレーダー》が今の環境メタとして有効な理由

今の環境のトップメタは【魔導真竜召喚獣】【恐竜竜星】【恐竜真竜星】【ABC】などですが、これらのデッキにはある共通点があります。それは高レベルモンスターが火力源であること。 【魔導真竜召喚獣】は真竜と召喚獣、【恐竜竜星】【恐竜真竜星】はボウテ…

《ロストワールド》を使った恐竜コンボが強い!【今更】

コンボ1 手札二枚からトリシューラ 手札に《ロストワールド》と《魂喰いオヴィラプター》がある状態で 《ロストワールド》発動→《魂喰いオヴィラプター》通常召喚し①効果で《幻想のミセラサウルス》サーチ →《ロストワールド》②効果で相手フィールドにジュラ…

現環境最強コンボ!【恐竜真竜星】のトリシュV.F.D.展開

今の環境デッキで最もぶっ壊れたコンボを持つのは間違いなく【恐竜真竜星】でしょう。 手札二枚からトリシューラを経由して超制圧布陣を作ることができます。 そのコンボがこれ↓ 手札に《ドラゴニックD》《魂喰いオヴィラプター》がある状態で 《魂喰いオヴ…

【遊戯王】最新環境での大会上位デッキ分布

『サーキットブレイク』発売以降(2017年7月8日以降)環境の大会で上位の成績を収めたデッキテーマの分布を数値化↓(デッキレシピはリンク先でまとめてます) 【恐竜竜星】24 【魔導真竜召喚獣】19 【ABC】10 【真竜】10 【魔術師】3 【メタルセフィラ真竜】…

【HERO】に《ドラゴノイド・ジェネレーター》採用でBloo-D展開がお手軽に!?

《ドラゴノイド・ジェネレーター》を使えば《D-HERO Bloo-D》展開が捗る模様。 《ドラゴノイド・ジェネレーター》発動し効果でトークン二体生成→《E・HERO エアーマン》通常召喚し効果で《D-HERO Bloo-D》サーチ →これでフィー…

ゴウフウ使えばヴァレルロード余裕でした。。

《BF-朧影のゴウフウ》を使ったお手軽《ヴァレルロード・ドラゴン》展開の紹介。 手札に《BF-朧影のゴウフウ》と効果モンスターがある状態で 《BF-朧影のゴウフウ》特殊召喚し①効果でトークン二体生成→トークン二体で《プロキシー・ドラゴン》リン…

《トリックスター・ブラッディマリー》の登場で【トリックスター】大幅強化確定!?

Vジャンプ2017年9月号の応募者全員サービスパックで登場する新規カード↓ 《トリックスター・ブラッディマリー》 リンク2/光属性/天使族/攻2000【リンクマーカー:右/左下】 「トリックスター」モンスター2体このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか…

新しいタイプのデッキが大会優勝!【幻煌龍メタビート】デッキ考察

2017年7月15日開催の大会で優勝したデッキ↓ 第2回群雄割拠杯 1位B【幻煌龍メタビート】 《幻煌の都 パシフィス》を軸とした新しいタイプのメタビートデッキ。 このデッキ唯一にして最大の攻め手がこのカード②効果から生成されるトークン。非常に緩い条件でト…

デストルドーとダークヴルム採用で【ABC】は超展開コンボが可能に!?

2017年7月15日開催の大会で優勝したデッキ↓ 第166回ALANN CUP 1位C【ABC】 このデッキの特徴は《亡龍の戦慄-デストルドー》と《覇王眷竜ダークヴルム》が3積みされていたこと。 この二枚を採用することで手札三枚から《ヴァレルロード・ドラゴン》と《AB…

《天岩戸》を採用した【命削り真竜】が大会上位に!その活用法は?

2017年7月16日開催の大会で上位入賞したデッキ↓ はっちCS×ドラスタ杯 in ドラゴンスター岸和田春木店 2位B【命削り真竜】 このデッキの特徴は《天岩戸》が採用されていたこと。 このカードをまず場に出すことで、安全に真竜展開を通せるようになるのが強み。…

大会で結果を残した【幻影彼岸】デッキ考察

2017年7月15日開催の大会で上位入賞したデッキ↓ 第166回ALANN CUP 2位B【幻影彼岸】 過去に環境で活躍していた【SR幻影彼岸】を現代風にアレンジしたデッキ。 幻影騎士団要素がかなり濃くなっており、これまでも必須だった4種セットに加え、 《RUM-幻影…

大会で結果を残した【魔導ブラマジ】デッキ考察

2017年7月9日開催の大会で上位入賞したデッキ↓ 海色杯 ベスト8【魔導ブラマジ】 【ブラックマジシャン】に魔導ギミックを出張しデッキ回転力を高めた構築。 《マジシャンズ・ロッド》や《幻想の見習い魔導師》が《ルドラの魔導書》のコストとして相性が良く…