ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

巷で話題の【クラウンブレード】その動きとデッキ考察

最近巷で話題となっているクラウンブレード

それは『クラッシュ・オブ・リべリオン』で登場した新カード《Emトリック・クラウン》と《H・C サウザンド・ブレード》の2枚だけで完結する簡単かつ非常に強力なコンボなのです。

f:id:bonkula-t:20150428123355j:plain

f:id:bonkula-t:20150513033706j:plain

 この“クラブレコンボ”がどういうものか解説すると、墓地に《H・C サウザンド・ブレード》が存在する状態で《Emトリック・クラウン》の墓地に送られた場合の1000ダメージ受けての自己再生効果を発動することでサウザンド・ブレードの蘇生条件も満たし、即座にフィールドに二体のレベル4を揃えることができるというもの。

このコンボが優秀なのはトリック・クラウンがあらゆる領域から墓地に送られるたびにランク4エクシーズを出す条件が整うところであり、このコンボからX召喚したモンスターが相手ターンに除去されても、再び墓地に送られたトリック・クラウンの自己再生効果からサウザンド・ブレード蘇生という流れに持っていけるところも優秀で、《Emトリック・クラウン》《H・C サウザンド・ブレード》の二枚だけで毎ターンランク4を量産できてしまうというのが一番の強み。

 

さらにこのコンボは《ラヴァルバル・チェイン》を絡めることで非常に狙いやすくなるのもポイントで、

f:id:bonkula-t:20150513033705j:plain

《Emトリック・クラウン》《H・C サウザンド・ブレード》のどちらか一方をX素材に《ラヴァルバル・チェイン》をX召喚できれば、チェイン効果でもう片方を墓地に落とすことで即座に“クラブレコンボ”の条件を満たしさらなるランク4の展開もできる。

 

そのお手軽さと強力さからランク4主体のデッキでこのクラブレギミックが出張されることもしばしば↓

第17回愛知CS 2位B【クラブレHERO】: デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

【クラウンブレード】デッキ考察

そんな中でも今回紹介したいのはこのクラブレコンボを主軸に構築された純正【クラウンブレード】デッキ↓

東北六遊祭 ベスト8-4A【クラウンブレード】: デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

主軸となる《Emトリック・クラウン》と《H・C サウザンド・ブレード》に加え、

自身の容易な特殊召喚条件からサウザンド・ブレードのサーチも狙える《H・C 強襲のハルベルト》

f:id:bonkula-t:20150410140819j:plain

 

扱い易いダメージ軽減手札誘発効果と、墓地からはトリック・クラウンのサーチも行える《Emダメージ・ジャグラー》

f:id:bonkula-t:20150512220050j:plain

 

緩い特殊召喚条件にダメージ・ジャグラーからもサーチ可能な《Emハットトリッカー》

f:id:bonkula-t:20150512220051j:plain

 

さらにこのデッキでは魔装ギミックを採用しているところも面白く、

f:id:bonkula-t:20150512220046j:plain

f:id:bonkula-t:20150512220045j:plain

《召魔装着》から《魔装戦士 ドラゴディウス》をリクルートすることでレベル4の展開力アップを狙えるのはもちろん、《召魔装着》の手札を一枚捨てるコストもこのデッキではキーカードのトリック・クラウン、サウザンド・ブレードを手札から能動的に墓地に送れる手段になり、ドラゴディウスの破壊された場合のモンスター効果もこのデッキとは種族の関係上すこぶる相性が良い

 

これらのカードはクラブレコンボの安定性を高めつつさらなる展開力の底上げの役割も果たしており、何より『クラッシュ・オブ・リべリオン』新規カードが多いところも最高に満足ポイント

 

ランク4デッキの新たな定番として【クラウンブレード】がこれからどこまで活躍していくのか非常に楽しみでありますな。