ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

【クラブレHERO】に見る“クラブレ出張”の有用性

最近の【HERO】はクラウンブレードギミックを採用した【クラブレHERO】が主流のよう↓

テスト・シェルティーゲーム 1位【クラブレHERO】: デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

このデッキは名前の通り、従来の【HERO】構築にクラウンブレード要素を足したもの

 なんだけど、この“クラウンブレード要素”というのがメインデッキでは《Emトリック・クラウン》《H・C サウザンド・ブレード》それぞれピン刺しの二枚、あとはエクストラデッキにそれをサポートする《ラヴァルバル・チェイン》一枚の計3枚だけっていうね。

f:id:bonkula-t:20150428123355j:plain

f:id:bonkula-t:20150513033706j:plain

f:id:bonkula-t:20150513033705j:plain

圧倒的に軽い!

 

ではこの3枚のクラブレ出張を採用することでどういう動きが可能になるか。

それは、《Emトリック・クラウン》または《H・C サウザンド・ブレード》どちらか一方でも手札にくれば、それをX素材とした《ラヴァルバル・チェイン》からもう片方を墓地に落とすだけで簡単にクラブレコンボに持っていけるところ。

用はコンボパーツ一枚引ければOKなのです。

 

上記の【クラブレHERO】なら基本的には従来通りの【HERO】の動きで戦いトリック・クラウン、サウザンド・ブレードどちらか引いたらそこからクラブレコンボ始動でラッキーといった感じで、デメリットが全く無い

もちろん、これは【HERO】デッキのみならず、ランク4エクシーズを容易に狙えるデッキならあらゆるテーマでこの“クラブレ出張”採用でき、というかもうこれは採用しない手はないでしょ!

 

《星守の騎士 プトレマイオス》然り、最近のランク4強化はほんとどうかしてるぜ。。