ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

エクストラデッキからの脳汁!大会でも結果を残した【サイバー・ドラゴン】デッキ考察

【サイバー・ドラゴン】デッキが大会で結果を残しました↓

成田CS ベスト4【サイバー・ドラゴン】: デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

この【サイバー・ドラゴン】の魅力は何かというと、1ショットキルも容易な火力これに尽きるんじゃないでしょうか。

 

まず主力となるのがこのカード↓

f:id:bonkula-t:20150526182432j:plain

【サイバー・ドラゴン】なら容易に出せる融合条件から、2枚以上の魔法・罠破壊、2枚の墓地肥やし、3回攻撃という壊れ性能

《パワー・ボンド》から融合召喚すれば4200打点の三回攻撃とほぼ1キルが可能な超火力を発揮し、闇属性・機械族であるため《オーバーロード・フュージョン》からも融合召喚可能。

f:id:bonkula-t:20150526182430j:plain

f:id:bonkula-t:20150526182429j:plain

 

相手は常に《キメラテック・ランページ・ドラゴン》からの逆転1キルにビビりながらプレイングすることを強要されるため、このカードをチラつかせるだけで心理アドを獲得できる快楽もこのデッキの魅力です。

 

続いてこのカード↓

f:id:bonkula-t:20150222094429j:plain

f:id:bonkula-t:20150222094430j:plain

《星守の騎士 プトレマイオス》の存在からレベル4主体のデッキでも目にすることの多いセットですが、正規のテーマである【サイバー・ドラゴン】の方が当然出しやすい。

特に《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》のサイバー・ドラゴン蘇生効果や攻撃力上昇効果は【サイバー・ドラゴン】だからこそ活用できる部分であり、手札に《パワー・ボンド》がある場合はノヴァと蘇生したサイバー・ドラゴンから《キメラテック・ランページ・ドラゴン》を展開してそのままワンキルを狙ったり、相手モンスターの一体は攻撃力上昇効果を使った《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》で戦闘破壊し、もう一体はそこからランクアップした《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》で吸収することで二体の高攻撃力モンスターを処理できるという動きが可能なのもこのデッキならでは。

 

もちろんこれまでのサイバー・ドラゴン融合モンスターもしっかりと使いどころはあり、

f:id:bonkula-t:20150526182427j:plain

《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》は相手の機械族モンスターメタ、特に相手の《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》を問答無用で融合素材にして除去できる点が優秀。

 

f:id:bonkula-t:20150526182431j:plain

《サイバー・ツイン・ドラゴン》は《パワー・ボンド》から融合召喚し《オネスト》を絡めて攻撃することで、相手がモンスターを展開している状況からでも戦闘ダメージでワンキルが成立する超火力を出すことができるのが魅力。

 

f:id:bonkula-t:20150526182428j:plain

《キメラテック・オーバー・ドラゴン》はある程度墓地が肥えている状態で《オーバーロード・フュージョン》から融合召喚することで、《キメラテック・ランページ・ドラゴン》には足りない“劣勢からの切り返し”要員としての活躍が期待できる。

 

エクストラデッキの中身が似たようなカードになりがちな今の環境において、ここまで独自のカードをエクストラデッキから活用できるのも【サイバー・ドラゴン】ならではの魅力ですな。