ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

ワンチャン火力が凄まじい!新テーマ【ムーンライト】デッキ考察

シャイニング・ビクトリーズ』で登場した新テーマ【ムーンライト】。『遊戯王 ARC-V』でセレナが使用しているテーマであり、

f:id:bonkula-t:20160129074631j:plain

アニメ主導テーマかつセレナというキャラクターアドのためかカードパワー自体はどれも低めな印象。。
しかし特定の状況下では非常に凶暴な動きをするデッキでもあるので、この記事ではそんな【ムーンライト】の強みといえる展開についての考察を。

 

《月光舞猫姫》からのワンキルルート

f:id:bonkula-t:20160129063513p:plain

相手フィールドに攻撃表示モンスター1体以上、手札に《月光紅狐》《月光黒羊》《月光白兎》《月光蒼猫》がある状態で

f:id:bonkula-t:20160129063842p:plain

f:id:bonkula-t:20160129063801p:plain

f:id:bonkula-t:20160129070923p:plain

f:id:bonkula-t:20160129063820p:plain

手札の《月光黒羊》を捨て《融合》をサーチ→《融合》発動し手札の《月光紅狐》《月光蒼猫》を素材に《月光舞猫姫》融合召喚→《月光紅狐》①効果から相手モンスター1体の攻撃力を0に→《月光白兎》通常召喚し《月光蒼猫》蘇生→《月光蒼猫》①効果で《月光舞猫姫》の攻撃力を二倍に→《月光白兎》②効果で相手の魔法・罠カード二枚をバウンス→《月光舞猫姫》②効果で《月光白兎》をリリースし攻撃力0になった相手モンスターを二回攻撃(4800×2)でワンキル

コンボ始動に必要な手札四枚はワンキルコンボとしては少々重めなものの、獣戦士族主体の【ムーンライト】は《炎舞-「天キ」》《月光輪廻舞踊》といったサーチカードに恵まれているため、十分狙いやすい。

f:id:bonkula-t:20160129065940p:plain

f:id:bonkula-t:20160129070016p:plain

また《月光白兎》のバウンス効果に加え、《月光紅狐》②効果により融合召喚した《月光舞猫姫》に間接的な耐性を付与できることから相手の妨害に対してもなかなか強く、このワンキルコンボの存在から【ムーンライト】はどんな状況下でもワンチャンあるデッキといえるんじゃないでしょうか。

 

《月光舞獅子姫》展開ルート

f:id:bonkula-t:20160129063438p:plain

手札に《月光狼》《月光蒼猫》《融合識別》がある状態で

f:id:bonkula-t:20160129072818p:plain

f:id:bonkula-t:20160129072845p:plain

《月光狼》をPゾーンに置き《月光蒼猫》通常召喚→《月光蒼猫》自爆特攻で二枚目の《月光蒼猫》リクルート、さらに自爆特攻し《月光白兎》リクルート→《月光白兎》②効果で相手の魔法・罠カード一枚をバウンス→《融合識別》発動し《月光白兎》を《月光舞豹姫》と同名カード扱いに→《月光狼》P効果でフィールドの《月光白兎(月光舞豹姫)》と墓地の《月光蒼猫》二体を除外し《月光舞獅子姫》融合召喚

高ステータス・高火力・高耐性とすべて揃ったムーンライト最強の切り札《月光舞獅子姫》を手札三枚から展開できるコンボ。すでに墓地に二体以上のムーンライトがある状態なら《月光狼》《融合識別》+ムーンライト一体からでも展開可能で、そのターン中に一気に攻め込むこともできる。

【ムーンライト】は《月光舞獅子姫》がとにかく強力で、今後の新規カードの登場でこれがさらに出しやすくなれば、ワンチャンどころじゃないパワーデッキに化けそうです。