ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

新たなドローソースと除去罠の登場で【妖仙獣】のメタビ性能がますます凶悪に!?

最近登場した二枚のカード↓

f:id:bonkula-t:20160314185803p:plain

f:id:bonkula-t:20160314192120j:plain

これにより非常に強化されたデッキがあります。それが《妖仙獣 鎌壱太刀》《妖仙獣 鎌弐太刀》《妖仙獣 鎌参太刀》の召喚連鎖を主軸としたメタビ型【妖仙獣】。

f:id:bonkula-t:20160314184704p:plain

f:id:bonkula-t:20160314184711p:plain

f:id:bonkula-t:20160314184723p:plain

召喚連鎖から手札の妖仙獣をすべてフィールドに出せるため手札を0にしやすく《命削りの宝札》からの3ドローを狙いやすい。エンドフェイズに
チェーン1:妖仙獣の手札に戻る効果
チェーン2:《命削りの宝札》の手札を墓地に送る処理
と組むことでデメリットも回避できる。

 

妖仙獣の“エンドフェイズに手札に戻る”という特性により確実に発動条件を満たせるのが《波紋のバリア -ウェーブ・フォース-》。デッキへバウンスという最強の除去手段を持つ攻撃反応罠で、破壊や手札バウンスに強いPモンスターに対しても完全な除去が可能なのが強み。

 

これらのカードをフル投入した【妖仙獣】が最近の大会で見事優勝した模様↓

公認大会1位【妖仙獣】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

他にも《群雄割拠》《御前試合》や《マクロコスモス》は今の環境トップのデッキ相手に非常によく刺さり、

f:id:bonkula-t:20160314191606p:plain

f:id:bonkula-t:20160314191559p:plain

f:id:bonkula-t:20160314191642p:plain

これらの凶悪なメタカードを複数活用できるのも【妖仙獣】ならではの強みですな。