ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会で結果を残した【マジェスペクター】デッキ考察

2016年4月23日に開催された大会で上位入賞したデッキ↓

第2回ナスカ杯 ベスト4【マジェスペクター】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

現在流行の【EMオッドアイズ】の《天空の虹彩》ギミック

f:id:bonkula-t:20160503014423p:plain

f:id:bonkula-t:20160503014425p:plain

を出張させることで《マジェスペクター・ユニコーン》のP召喚も可能になっているのがこのデッキ最大の強み。

f:id:bonkula-t:20160503014426p:plain

 《マジェスペクター・ユニコーン》をP召喚できるデッキは【EMオッドアイズ】【メタルフォーゼ】なども存在するが、本家【マジェスペクター】は《マジェスティックP》からの《マジェスペクター・ラクーン》リクルートや、

f:id:bonkula-t:20160503014419j:plain

f:id:bonkula-t:20160427103418p:plain

《マジェスペクター・キャット》でより安定した《マジェスペクター・ユニコーン》のサーチ手段を持てるのが強み。

f:id:bonkula-t:20160503014418j:plain

 

またマジェスペクターを主軸にすることで《同胞の絆》を扱えるようになったり、

f:id:bonkula-t:20160503014422p:plain

もちろん【マジェスペクター】本来の強みである高いコントロール性能を活かすこともできる。

f:id:bonkula-t:20160503014420j:plain

f:id:bonkula-t:20160503014421j:plain

このデッキは《天空の虹彩》と《マジェスティックP》二つのフィールド魔法を活用するデッキだが、どちらも一度効果を使用すればアドを稼げるため張り替えてもディスアドバンテージにはならず、《テラ・フォーミング》から状況にあったフィールド魔法をサーチし分けることができるのはメリットにさえなる。

 

《マジェスペクター・ユニコーン》は現環境最大の壊れモンスターといっても良く、これを最も安定して展開できるこの【マジェスペクター】構築は、間違いなく、強い。。