ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《天地開闢》を使った【カオス・ソルジャー】展開考察

2016年10月8日発売の『レイジング・テンペスト』で登場した新規【カオス・ソルジャー】カード3種↓

f:id:bonkula-t:20161015155356p:plain

f:id:bonkula-t:20161015155912p:plain

f:id:bonkula-t:20161015155925p:plain

《超戦士の萌芽》の優秀さは言わずもがなですが、これらの新規カードを組み合わせることで《天地開闢》からめちゃくちゃ強力な展開が可能になります

 

墓地に闇属性モンスターがある場合

相手エンドフェイズに《天地開闢》発動しデッキから《超戦士カオス・ソルジャー》《混沌の使者》《開闢の騎士》の三枚を選択する

f:id:bonkula-t:20161015161514p:plain

f:id:bonkula-t:20161015160543p:plain

→これで《混沌の使者》《開闢の騎士》が墓地に送られ《混沌の使者》②効果から墓地の《開闢の騎士》と闇属性モンスターを除外し自身をサルベージ→除外された《開闢の騎士》効果で《超戦士の萌芽》サーチ

《天地開闢》一枚から手札に《超戦士の萌芽》《混沌の使者》、手札or墓地に《超戦士カオス・ソルジャー》を揃えられるコンボ。《超戦士の萌芽》は手札・墓地から儀式召喚できるため、《超戦士カオス・ソルジャー》が手札・墓地どちらにいっても実質的なサーチになるところがポイント。

これで次の自ターン《超戦士の萌芽》発動から手札の《混沌の使者》とデッキの《開闢の騎士》を素材に《超戦士カオス・ソルジャー》儀式召喚と繋げることで、実質《天地開闢》一枚から超強化カオス・ソルジャーを展開できる。

 

手札に《戦士の生還》がある場合

f:id:bonkula-t:20161015163337j:plain

《天地開闢》発動し《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》《開闢の騎士》《宵闇の騎士》の三枚を選択する

f:id:bonkula-t:20161015163655p:plain

f:id:bonkula-t:20161015163404p:plain

この場合三分の一の確率で《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》手札・《開闢の騎士》《宵闇の騎士》墓地、三分の二の確率で三枚墓地になるのですが、《戦士の生還》を使うことで開闢の使者が墓地に送られた場合のリカバリーが可能になり確実にホクホクできる。

このように《天地開闢》は《開闢の騎士》《宵闇の騎士》二枚の墓地落とし手段としても使え、手札に《戦士の生還》やカオスモンスターを握っている状態なら確実にカオス展開+儀式サーチのセットが可能になる。いやー、これは気持ち良すぎるわ。

 

こうして見ると今回の【カオス・ソルジャー】新規はどれも当たりでしたね。いずれのカードも《開闢の騎士》《宵闇の騎士》のポテンシャルを最大限引き出せるものになっていて、それを軸にレベル4軸【カオス・ソルジャー】を組めば、、

俺たちが使いたかった強くてカッコイイ【カオス・ソルジャー】ができるはず!