読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《ブリリアント・フュージョン》を絡めた【星杯】展開まとめ

《ブリリアント・フュージョン》を活用することで【星杯】展開がめちゃくちゃ捗ります。

f:id:bonkula-t:20170503190836p:plain

以下そのコンボ↓

 パターン1:《ブリリアント・フュージョン》+コストの二枚始動

《ブリリアント・フュージョン》発動しデッキのジェムナイトと《星杯の妖精リース》を素材に《ジェムナイト・セラフィ》融合召喚

f:id:bonkula-t:20170503175113p:plain

f:id:bonkula-t:20170503190913p:plain

墓地の《星杯の妖精リース》②効果で手札のモンスターをコストに自身をサルベージ→《ジェムナイト・セラフィ》の追加召喚効果でリースを場に出し①効果で《星遺物ー『星杯』》サーチ

f:id:bonkula-t:20170503175155p:plain

→《ジェムナイト・セラフィ》リリースし《星遺物ー『星杯』》アドバンス召喚から《星杯の妖精リース》と合わせて《星杯剣士アウラム》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20170503175304p:plain

→《星遺物ー『星杯』》②効果で星杯通常モンスターと《星杯の守護竜》をリクルート※

f:id:bonkula-t:20170503175436p:plain

→《星杯剣士アウラム》《星杯の守護竜》星杯通常モンスターの三体で《ファイアウォール・ドラゴン》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20170503175459p:plain

→墓地の《星杯の守護竜》②効果で《ファイアウォール・ドラゴン》のリンク先に星杯通常モンスター蘇生しそれを素材に《星杯竜イムドゥーク》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20170503180409p:plain

最終盤面:《ファイアウォール・ドラゴン》《星杯竜イムドゥーク》

 

パターン2:《ブリリアント・フュージョン》+星杯+コストの三枚始動

パターン1※から→《星杯の守護竜》と星杯通常モンスターで《星杯神楽イヴ》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20170503180351p:plain

→墓地の《星杯の守護竜》②効果で星杯通常モンスターを蘇生しそれを素材に《星杯竜イムドゥーク》リンク召喚※→《星杯剣士アウラム》とイムドゥークを素材に《星杯戦士ニンギルス》を《星杯神楽イヴ》のリンク先にリンク召喚

f:id:bonkula-t:20170503180309p:plain

→チェーン1:《星杯戦士ニンギルス》①効果、チェーン2:《星杯剣士アウラム》③効果の順で効果を発動→アウラム③効果の処理で手札の星杯をニンギルスのリンク先に特殊召喚→ニンギルス①効果処理で2ドロー→ニンギルス②効果で《ブリリアント・フュージョン》と相手カード一枚を墓地に送る→ニンギルスと手札から特殊召喚した星杯を素材に《ファイアウォール・ドラゴン》を《星杯神楽イヴ》のリンク先にリンク召喚

最終盤面:相手カードを一枚除去しつつ《ファイアウォール・ドラゴン》《星杯神楽イヴ》(実質手札消費一枚)

 

パターン3:《ブリリアント・フュージョン》+星杯二枚+コストの四枚始動

パターン2※から→《星杯神楽イヴ》と《星杯竜イムドゥーク》を素材に《星杯戦士ニンギルス》リンク召喚→イヴとイムドゥークの③効果から手札の星杯二体をニンギルスと《星杯剣士アウラム》それぞれのリンク先に一体づつ特殊召喚→ニンギルス①効果で1ドロー→ニンギルス②効果で《ブリリアント・フュージョン》と相手カード一枚を墓地に送る→アウラム②効果で手札から特殊召喚した星杯をリリースし《星杯神楽イヴ》蘇生→アウラムとイヴで《ファイアウォール・ドラゴン》リンク召喚→ニンギルスと星杯で二体目の《ファイアウォール・ドラゴン》リンク召喚

最終盤面:相手カードを一枚除去しつつ《ファイアウォール・ドラゴン》二体(実質手札消費三枚)

 

このように手札の星杯が多くなればなるほど《ブリリアント・フュージョン》から強力な展開が可能になります。

フィールドに残った《ブリリアント・フュージョン》は《星杯戦士ニンギルス》②効果から除去の弾にすることができ、素引きしてしまったジェムナイトモンスターも《星杯の妖精リース》②効果のコストに使えるため無駄がない。

これらの点を踏まえても【星杯】に《ブリリアント・フュージョン》は相性が良い、というか完全に必須カードですわコレ。

 

遊戯王 CORE-JP056-N 《ブリリアント・フュージョン》 Normal

遊戯王 CORE-JP056-N 《ブリリアント・フュージョン》 Normal