ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《ちんけなバッカニーア》は【海賊ウォリアー】でまだまだ活躍できる!

ナーフ後、【海賊ウォリアー】でもほとんど見かけなくなってしまった《ちんけなバッカニーア》。

f:id:bonkula-t:20170528223435p:plain

 

現在の【海賊ウォリアー】のテンプレ構築はこれですが↓

f:id:bonkula-t:20170528223646p:plain

個人的には《ナーガの海賊》×2out→《ちんけなバッカニーア》×2inの構築の方が強いと思います。

 

1マナ・海賊・3点火力はやっぱり強い

【海賊ウォリアー】は《ン=ゾスの一等航海士》《アップグレード!》《烈火の戦斧》など軽量コストで武器を装備できるカードが豊富にあり、

f:id:bonkula-t:20170528222451p:plain

f:id:bonkula-t:20170528222408p:plain

f:id:bonkula-t:20170528222419p:plain

2ターン目には安定して攻撃力3の《ちんけなバッカニーア》で殴り掛かることができる。

でやっぱりアグロの1マナ3点火力は強いです。相手のライフを速攻で削ってくれる。

【海賊ウォリアー】は5~7ターン目までに相手のライフを削り切るコンセプトのアグロデッキなのですが、初手《ちんけなバッカニーア》が機能すればだいたい4~6ターンで勝負がつく。

1ターン早くなるはちょっとオバーかもしれませんが、平均的には0,5ターンほど勝利までに必要なターン数を短縮できるイメージ。でこの差がアグロにとっては超重要

 

初動の安定性向上

《ちんけなバッカニーア》を採用することでデッキの1マナ海賊の割合が増え、初動1マナ海賊+《海賊パッチーズ》の布陣がより安定するようになる。

f:id:bonkula-t:20170528222438p:plain

1ターン目に海賊を出せないハンドというのは【海賊ウォリアー】にとってかなりの悪手で、単純に勝利までのスピードが落ちるのはもちろん、相手に盤面を取られやすくなり、3ターン目の3マナ海賊の効果も活かしづらくなる。

序盤の動きのしくじりはアグロデッキ最大の死亡フラグであり、初動の安定性を向上させる意味でも《ちんけなバッカニーア》を含めた1マナ海賊を多数採用する構築は理に適っている。

 

後攻での強さ

後攻1ターン目にコインを絡めて《ちんけなバッカニーア》《ン=ゾスの一等航海士》を展開すれば3/1、1/1、1/1(パッチーズ)+1/1武器の布陣が揃う。初動でこの盤面は鬼!

ここから2ターン目《ブラッドセイルの略奪者》or《烈火の戦斧》、3ターン目《南海の船長》or《ブラッドセイルの狂信者》と展開していけば、だいたい4~5ターンで相手を爆発させられます。

後攻1ターン目での《ちんけなバッカニーア》+《ン=ゾスの一等航海士》、または《南海の甲板員》+《ン=ゾスの一等航海士》展開はほんとに強いです。

 

3マナ海賊のバリューが上がる

デッキの1マナ海賊の割合が上がることで初動の安定性が向上するのは上記しましたが、これにより3ターン目《南海の船長》のバリューが大きく向上する。

f:id:bonkula-t:20170528222920p:plain

また《ブラッドセイルの狂信者》の効果トリガーも満たしやすくなる。

f:id:bonkula-t:20170528222931p:plain

1マナ海賊が増えて初動が安定することで3マナ海賊からテンポを取りやすくなるのですな。4マナ海賊である《ナーガの海賊》より1マナの《ちんけなバッカニーア》を採用した方がいい理由はこういう側面もあるからです。

 

《ちんけなバッカニーア》採用の弱点

これだけメリットの多い《ちんけなバッカニーア》採用ですが、もちろん弱点もあります。1マナ海賊はいずれも体力が1であり、それらの比率を上げることで【シャーマン】の《メイルシュトロームのポータル》やウォリアーの《旋風剣》《死憎悔いのグール》などの1点AoEに対して弱くなる。

f:id:bonkula-t:20170528223220p:plain

f:id:bonkula-t:20170528223408p:plain

f:id:bonkula-t:20170528223403p:plain

《南海の船長》のバフを絡めれば海賊の体力を上げることもできるが、これらのAoEはいずれも軽量であるためこちらの《南海の船長》展開の前に撃たれる可能性もあります。

 

あと《ちんけなバッカニーア》は体力が2から1にナーフされたことで【メイジ】【ドルイド】【ローグ】のヒローパワーで除去されるようになったのが弱いとされていますが、《ちんけなバッカニーア》は1マナでさらに《海賊パッチーズ》のおまけ付き、それに対してヒローパワーは2マナであるため、除去したとしてもテンポ的には相手の方が損をしている。

さらに【ドルイド】【ローグ】の場合はヒーローの攻撃であるため自身にもダメージを受ける。2マナ使って3点ダメージを受けに来てくれるのは【海賊ウォリアー】にとってはただただオイシイだけ。

ヒーローパワーはカード消費が無いというメリットがありますが、極端なアグロデッキである【海賊ウォリアー】はカードリソースのアド差はそもそも問題ではなく、それよりも“2マナのテンポロス”の方が相手にとって不利に働くことになるでしょう。

 

まとめ

こうして見ると【海賊ウォリアー】での《ちんけなバッカニーア》採用はメリットの方が大きいと言えるんじゃないでしょうか。

そもそもナーフ前のスタッツ1/2の時は最強カード扱いだったのに、1/1にナーフされただけで敬遠されすぎな気がする。

最大の強みである“火力”は変わってないわけだしね。

結論、《ちんけなバッカニーア》はもっと評価されるべき!