ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会で結果を残した【恐竜族】デッキ考察

2017年8月19日開催の大会で上位入賞したデッキ↓

第8回JGP岩手 3位【恐竜族】

 

【恐竜竜星】⇒【恐竜真竜竜星】とここ最近は“恐竜”を組み込んだデッキが環境を席巻しており、その中でいろいろな“恐竜ギミック”も開発されてきました。

でこれだけいろんなギミックがあるなら、もう恐竜族だけで良くね!?

といった思想の元生まれたであろう今回のデッキ。

 

まずは“バグースカ究極伝導恐獣”ギミック↓

このデッキはランク4展開を安定させるため、《フォトン・スラッシャー》《H・C 強襲のハルベルト》といったレベル4特殊召喚モンスターが多数採用されている。

 

続いて《究極進化薬》の採用。

これにより《究極伝導恐獣》展開を大幅に安定させることができる。

 

あとは《封印の黄金櫃》+《ジャイアント・レックス》のコンボ↓

レベル4の特殊召喚ギミックとして非常に優秀で、ランク4や上記のバグースカコンボを安定させることできる。

 

竜星や真竜を採用しないことで凶悪なソリティア制圧コンボこそ無くなったものの、その分上記の恐竜ギミックをふんだんに採用することができ、これにより《究極伝導恐獣》のポテンシャルを最大限に引き出しているのがこのデッキの強みですね。