ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《ギャラクシー・サイクロン》ついにサイクロン超えの汎用魔法・罠除去カードの登場か?

汎用魔法・罠除去である《サイクロン》の亜種はこれまで多数登場してきましたが、どれも本家の下位互換といった感じでメインデッキから投入できるレベルのものは正直ありませんでした。

f:id:bonkula-t:20150128203631j:plainf:id:bonkula-t:20150128203645j:plainf:id:bonkula-t:20150128203638j:plain

 

し・か・し2015年2月14日発売の 「クロスオーバー・ソウルズ」で登場する新カードについにその《サイクロン》に匹敵する、いやそれ以上の汎用魔法・罠除去カードが現れたのです↓

ギャラクシー・サイクロン
通常魔法
「ギャラクシー・サイクロン」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

シングル高騰不可避カードや(確信)

《サイクロン》より一つの効果の破壊の範囲は狭まり通常魔法になったものの、このカード一枚で実質2枚の魔法・罠の破壊が可能。何より墓地から使えるのは強すぎる!

 

特に現環境は【クリフォート】をはじめ、フィールドに残る表側表示の魔法・罠こそ除去したいカードが多いため、このカードの②の効果がより重要になってくる。

墓地から使えるということは墓地肥やしのできるデッキと相性が良いということであり、ぱっと思いつくのは【ライトロード】や最近のテーマだと《名推理》《モンスターゲート》を採用する【インフェルノイド】、

f:id:bonkula-t:20150206222615j:plain

f:id:bonkula-t:20150206222614j:plain

環境だと《クリバンデット》を採用した【シャドール】など。

f:id:bonkula-t:20150206222616j:plain

それらのデッキはこのカードの存在だけで大幅に強化されたといっていい。

 

このカードの登場により【クリフォート】はさらに厳しくなった。②の効果で《クリフォート・ツール》が割られるのはもちろん、罠カードの採用も多いため①の効果も刺さりやすく、何より《サイクロン》と共にメインデッキから採用できる汎用カードであるため、マッチ一戦目からキツい戦いを強いられることが多くなりそう。

 

登場後は《サイクロン》の採用率を超えることも十分ありえそうな《ギャラクシー・サイクロン》。《幽鬼うさぎ》に次いで今回のパックは汎用カードの強化が熱いですね。


《幽鬼うさぎ》がヴェーラー超えの使いやすさでシングル高騰不可避な件 - ボンクラの哲学