ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

【クリフォート】で着々と採用率を上げている《一回休み》とその脅威

最近の大会上位の【クリフォート】のデッキレシピを見ていると、着々と《一回休み》の採用率が上がってきておりますね。

第3回津田沼CS 1位C 【クリフォート】: デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

第2回ウインターカップ 1位B 【クリフォート】: デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

f:id:bonkula-t:20150304224723j:plain

 ペンデュラム召喚からのアドバンス召喚を基本とする【クリフォート】はこのカードのデメリットをほとんど受けず、他の特殊召喚を多用するデッキに対しては強力な制圧力を発揮するこのカード。

 

同じく【クリフォート】で採用され強力な制圧力を誇る《スキルドレイン》《虚無空間》の効果を半分づつもってきたような効果で、『クロスオーバー・ソウルズ』発売直後は強いけどスキドレ、虚無に比べると中途半端という懸念から採用は見送られていました。だけど使ってみるとやっぱり強かった!

ということでここからは【クリフォート】における《スキルドレイン》《虚無空間》《一回休み》のそれぞれの長所・短所について考察していきます。

 

【クリフォート】における《スキルドレイン》《虚無空間》《一回休み》

《スキルドレイン》

f:id:bonkula-t:20150128203624j:plain

効果の強さはいわずもがな。【クリフォート】側の影響は妥協召喚したクリフォートのステータスを元に戻せるメリットはあるが、最上級クリフォートのアドバンス召喚したときの効果も無効化される、発動にライフコストを必要とし、《クリフォート・ツール》のコストと合わせてライフリソースの消費がより激しくなるというデメリットも。

 

《虚無空間》

f:id:bonkula-t:20150203032436j:plain

効果の強さは言わずもがな。ペンデュラムモンスターは破壊されても墓地に送られないため自壊のデメリットも避けられる。ただしこちらのペンデュラム召喚も封じられるため切り替えされると逆にこちら側が一気にキツくなってしまうのと、自壊のデメリットから他の罠カードの採用枚数を上げれば上げるほど扱いづらくなるきらいがある。

 

《一回休み》

f:id:bonkula-t:20150304224723j:plain

フィールド効果モンスター効果の無効化なら《スキルドレイン》、特殊召喚メタなら《虚無空間》に制圧力の軍配は上がるものの、良く言えば一枚でどちらもメタれるハイブリットなカードともいえる。発動条件や表示変更効果に関してはペンデュラム召喚したモンスターもすぐにリリースする【クリフォート】ではほとんど気にならない。

 

上記を見比べても分かるとおり、【クリフォート】においては《スキルドレイン》《虚無空間》に比べて《一回休み》は圧倒的に自身が受けるデメリットが少ない。つあり圧倒的に扱いやすい!

また「特殊召喚されたモンスターを守備表示にする」という効果は《クリフォート・ツール》を発動するためのライフリソースの保持が重要なクリフォートにおいては相手の攻めの抑止という意味でも非常に大きな意味を持つ。実際に効果無効化と攻撃抑止の両立がこのデッキと相性が良いのは《デモンズ・チェーン》の採用率で実証澄み。


《デモンズ・チェーン》がここ最近【クリフォート】で採用率を伸ばしてきている理由 - ボンクラの哲学

 

正直《一回休み》は全体に効果が及び続ける《デモンズ・チェーン》みたいなものなので、そんなの【クリフォート】と相性良いに決まってるじゃん!

 

採用する罠カードの選択肢が広がったことでより【クリフォート】構築の幅が広がっておもしろくなってきました。最近はまさかの罠無しクリフォートも大会で結果を残したし↓


東大生が構築し優勝した【クリフォート】がかなり斬新な件。これが高偏差値デッキか。。 - ボンクラの哲学

 

これからの【クリフォート】構築にも目が離せませんの。

 

遊戯王 一回休み(レア) クロスオーバー・ソウルズ(CROS)シングルカード CROS-JP075-N

遊戯王 一回休み(レア) クロスオーバー・ソウルズ(CROS)シングルカード CROS-JP075-N