ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《墓穴の道連れ》が【インフェルノイド】と結構相性良さそうな件

3月7日に行われた大会で、新テーマの【インフェルノイド】が見事優勝した「第2回道産子CS」↓

第2回道産子CS : 大会結果 - 遊戯王☆カード検索


平均10枚の墓地肥やしから相手を圧殺!新テーマ【インフェルノイド】が大会1位に! - ボンクラの哲学

 

この大会のベスト16にも【インフェルノイド】が入賞していて、その構築がなかなかおもしろかったのでその考察を

 

第2回道産子CSベスト16【インフェルノイド】デッキ考察

まずはデッキレシピ↓

第2回道産子CS ベスト16【インフェルノイド】 : デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

 

優勝した【インフェルノイド】(第2回道産子CS 1位【インフェルノイド】 : デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索)と比べると、こちらはインフェルノイドの採用数を増やし、通常召喚モンスターの数を減らすことでキーカードの《名推理》《モンスターゲート》からの爆発力を上げた構築になっている。

 

その中でも目を引くのが《墓穴の道連れ》を3積みしていること

f:id:bonkula-t:20150310220557j:plain

インフェルノイドは墓地に送られてもアドバンテージとなるため、手札の魔法をすべて伏せてこのカードを発動すれば実質こちらのデメリットはない。そして相手に対してはピーピングからのハンデスというのが非常に強力なのは言わずもがな。さらにその後の1ドロー効果もキーカードである《名推理》《モンスターゲート》を手札に呼び込む可能性を高められるためこれまたこのデッキと相性が良い。

 

【インフェルノイド】において《墓穴の道連れ》は相手のキーカードを潰しつつこちらのキーカードを引く可能性を高めるまさに理想的なカードなんじゃないでしょうか。

 

遊戯王カード 【 墓穴の道連れ 】 EE1-JP246-N 《エキスパートエディション1》

遊戯王カード 【 墓穴の道連れ 】 EE1-JP246-N 《エキスパートエディション1》