ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

昆虫族が大会上位だと。。?《ナチュルの神星樹》を軸に据えた【リクル昆虫】デッキ考察

なにやら面白そうなデッキが大会で結果を残しちょる。。↓

天空杯第4部 3位C【リクル昆虫】: デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

え?まさかの昆虫族デッキ!?

 

デッキレシピを見てみると、【AF蟲惑魔+昆虫族】といった感じで、これはなかなか面白い

まずこのデッキ一番の核となるのがこのカード↓

f:id:bonkula-t:20150708210850j:plain

 フリーチェーンで自分フィールド上の昆虫族または植物族をデッキのモンスターと入れ替えることのできる永続罠。このカードがまず蟲惑魔とシナジーしているんですな。

f:id:bonkula-t:20150708210847j:plain

f:id:bonkula-t:20150708210848j:plain

蟲惑魔の中でも優秀な効果を持つ《トリオンの蟲惑魔》《ティオの蟲惑魔》を相互に入れ替えることでアド獲得が可能。

トリオンからティオに入れ替えることで相手ターンの展開を落とし穴で牽制でき、ティオからトリオンに入れ替えれば《サイクロン》になる。この二体は召喚時の効果も非常に優秀なため、手札に来ても扱いやすいのもポイント。

 

上記のコンボを核に、このデッキではさらに昆虫族モンスターを複数採用しているのが特徴で

f:id:bonkula-t:20150708210851j:plain

このカードに《ナチュルの神星樹》を使うことで、《ティオの蟲惑魔》をリクルートしつつ手札補充ができる。相手によっては手札誘発効果も狙っていける。

f:id:bonkula-t:20150708210849j:plain

《応戦するG》と用途は同じ。こちらは上級以上の昆虫族がサーチでき、このデッキの主力アタッカーである《デビルドーザー》を持ってくることができる。

f:id:bonkula-t:20150708210852j:plain

 

《ナチュルの神星樹》というカードを起点にここまで戦えるデッキを仕上げたのはお見事としかいいようがないですね。各種蟲惑魔で相手を翻弄しながら昆虫族モンスターで確実にアドを獲得していくという動きもとっても楽しそう

新たな蟲惑魔や、《ナチュルの神星樹》に対応する汎用モンスターが登場することでまだまだ脱皮を繰り返しそうなデッキでもあるので、今後の新規カードにも期待したいですな。