ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会で結果を残した特殊召喚封じ特化型【メタビート】デッキ考察

2016年6月4日開催の大会で上位入賞したデッキ↓

InvitationMatch TURN-1 ベスト16【メタビート】- デッキ詳細 - 遊戯王☆カード検索

このメタビデッキは今の環境上位である【青眼】【DD】に対して特に強い構築になっているのが特徴で、そのメタの中核を担うのがこの三種のモンスター↓

f:id:bonkula-t:20160613195126p:plain

f:id:bonkula-t:20160612233808j:plain

f:id:bonkula-t:20160612233809j:plain

 《フォッシル・ダイナ パキケファロ》はもちろん、【青眼】【DD】は地・水属性モンスターの特殊召喚は行わないため《干ばつの結界像》《豪雨の結界像》も純正の特殊召喚封じモンスターとして機能する。

【青眼】【DD】は共に特殊召喚を封じられた状態で展開できるモンスターのステータスが非常に低いという弱点があり、攻撃力1000の結界像だけでも完封できる。さらにこれらのデッキは特殊召喚が封じられた状態での除去手段が非常に乏しく、これらの特殊召喚封じモンスター1体を立てるだけでほとんど何もできなくなる

つまり先行で特殊召喚封じモンスターを通常召喚できればほぼこちらの勝ちになるというわけですな。メタビならではの潤沢なドローソースを採用することで、

f:id:bonkula-t:20160613201118p:plain

f:id:bonkula-t:20160613201151p:plain

f:id:bonkula-t:20160613201123p:plain

上記の特殊召喚封じモンスターを初動から確実に握れるようなっているのも強み。

 

この時点で【青眼】【DD】に対して先行を取ればめちゃくちゃ強いデッキになっているんですが、この手の特殊召喚封じモンスターは相手に先に強力なモンスターを展開されると全く機能しなくなるという弱点があります。つまりこれだけだと先行ではめちゃくちゃ強いけど後攻ではめちゃくちゃ弱いというデッキになってしまうのですな。

それを解消するために採用されているのがこれらのカード↓

f:id:bonkula-t:20160613201816p:plain

特殊召喚封じモンスター+《月鏡の盾》で確実に戦闘で勝てる特殊召喚メタモンスターの出来上がり。これにより後攻からでも切り返しつつ制圧することが可能になる。このカタチを作れれば【青眼】【DD】以外のデッキに対しても一気に勝率が上がり、このデッキ最大の勝ち筋になる。

f:id:bonkula-t:20160612233810j:plain

攻撃反応の全体除去。攻撃反応罠ならではの利点である“すでに展開されたモンスターも除去できる”という点を活かし、相手先行で超展開されたあとも特殊召喚封じモンスターと《神風のバリア-エア・フォース-》で戦況をひっくり返せるのが強み。

通常のデッキは装備カードや攻撃反応罠は「割られやすい、アド損しやすい」という理由からほとんど採用されないのですが、各種メタモンスターで相手の行動を大幅に制限できるメタビデッキだからこそ装備カードや攻撃反応罠が活きるという考え方。これによりこのデッキは先に展開されても勝てるメタビになっているのです。

 

今回のデッキのような、特殊召喚封じモンスター+ドローソース+装備魔法+攻撃反応罠といった四本柱の構成は今後の【メタビート】構築の一つのスタンダードになっていくんじゃないでしょうか。