読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

K.O型【装備ビート】Duel Linksデッキ紹介

Duel Links

デッキ解説

【装備ビート】にカラテマンワンキル(K.O)ギミックを採用したデッキ。
ビートダウンとしてもワンキルデッキとしても戦える応用力が強み。

 

必須カード

f:id:bonkula-t:20170102171338j:plain

f:id:bonkula-t:20170102171339j:plain

f:id:bonkula-t:20170102174716p:plain

 《カラテマン》に《閃光の双剣―トライス》《流星の弓-シール》の二枚を装備し《カラテマン》効果で自身の攻撃力を2000にすることで2000×2の直接攻撃を与えられるカラテマンワンキルコンボ。

 

f:id:bonkula-t:20170102174905p:plain

「流星の弓-シール」が自分のフィールド上に存在する時のみ、このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚する事ができる。このカードに装備された自分の装備カード1枚を墓地へ送る事で、相手フィールド上のモンスター1体を破壊する。

《流星の弓-シール》があれば場に出せるモンスター。これにより《流星の弓-シール》を【装備ビート】としてもカラテマンワンキルのコンボパーツとしても使えるのがこのデッキの強みで、手札状況に合わせて臨機応変に戦うことができる。
《閃光の双剣―トライス》も《ガーディアン・シール》の除去効果のコストに使用できるため、【装備ビート】として動く場合でもしっかり活用できるのも強み。

 

その他相性の良いカード

f:id:bonkula-t:20170102175004p:plain

「重力の斧-グラール」が自分のフィールド上に存在する時のみ、このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚する事ができる。手札にこのカード1枚しかない場合、手札からこのカードを特殊召喚する事ができる。

f:id:bonkula-t:20170102175030p:plain

《重力の斧-グラール》があれば場に出せる上級モンスター。2500という高い攻撃力に加え緩い特殊召喚条件を持つのが最大の強み。

 

f:id:bonkula-t:20170101190512j:plain

リバース効果でガーディアンをサーチ出来るモンスター。ステータスもなかなか優秀で、装備魔法で強化すればこのカード自身もアタッカーとして活躍できる。

 

サンプルデッキレシピ

カラテマン×3
ガーディアン・グラール×2
ガーディアン・シール×3
ウェポン・サモナー×3

重力の斧-グラール×3
流星の弓-シール×3
閃光の双剣―トライス×3

 

相性の良いスキル

『スリカエ』(バンデット・キースLv4)

f:id:bonkula-t:20161223104313j:plain

自分は手札を1枚デッキに戻し1枚ドローする。このスキルはターン中に1回、かつデュエル中に2度しか使用できない

手札事故の軽減、カラテマンワンキルの成功率アップに使える。また《ガーディアン・グラール》は手札に二枚来てしまうと一気に重くなってしまうため、それを防ぐ意味でもこの手札交換スキルは有用。

 

K.O型【装備ビート】の強みと弱点

ビートダウンとして戦えながらワンキルコンボも決められる脳汁っぷりが最大の魅力。
また相手に《流星の弓-シール》を装備して《カラテマン》で攻撃することで攻撃力3000以下のモンスターを戦闘破壊できたりと、ワンキルの要素以外でも突撃隊長として《カラテマン》を活用できるのもこのデッキならでは。

ただ純正【装備ビート】や純正【カラテマンワンキル】と比べると尖った戦い方ができず、安定性も低いのが弱点。