ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会上位の【星杯】構築に見る《創造の代行者 ヴィーナス》採用の有用性

2017年4月30日開催の大会で上位入賞したデッキ↓

第1回ホビステ所沢CS 4位A【星杯】

 

【星杯】キター!

 

海外で結果を残した【星杯】と比べても↓

今回のデッキは一歩進んだ【星杯】構築になっていましたね。

 

まず注目したいのが《創造の代行者 ヴィーナス》の採用。

f:id:bonkula-t:20170504092903p:plain

f:id:bonkula-t:20170504092924p:plain

《創造の代行者 ヴィーナス》から《神聖なる球体》を三体リクルート→《神聖なる球体》一体を素材に《星杯竜イムドゥーク》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20170504093000p:plain

→イムドゥーク①効果で星杯召喚

と動くことで一気に5体のモンスターをフィールドに揃えることができる。ここから【星杯】お得意のリンク召喚連鎖、これは捗る!

 

さらにこのデッキでは《トランスターン》も3積みされていて、

f:id:bonkula-t:20170504095618p:plain

これを活用することで《創造の代行者 ヴィーナス》の強みをより活かせるようになる↓

手札に《トランスターン》《星杯の妖精リース》がある状態で

f:id:bonkula-t:20170504093023p:plain

《星杯の妖精リース》通常召喚し①効果で《星遺物ー『星杯』》サーチ

f:id:bonkula-t:20170504093202p:plain

→《トランスターン》発動し《星杯の妖精リース》リリースから《創造の代行者 ヴィーナス》リクルート→ヴィーナス効果で《神聖なる球体》三体リクルート→球体一体を素材に《星杯竜イムドゥーク》リンク召喚→イムドゥーク①効果で球体をリリースし《星遺物ー『星杯』》アドバンス召喚→イムドゥークと『星杯』で《星杯剣士アウラム》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20170503175304p:plain

→《星遺物ー『星杯』》②効果で星杯通常モンスターと《星杯の守護竜》をリクルート

f:id:bonkula-t:20170504093559p:plain

→《星杯の守護竜》と《創造の代行者 ヴィーナス》で《星杯神楽イヴ》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20170504093750p:plain

→《神聖なる球体》を素材に《星杯竜イムドゥーク》リンク召喚→《星杯神楽イヴ》とイムドゥークで《星杯戦士ニンギルス》リンク召喚(アウラムのリンク先で星杯通常モンスターの隣)

f:id:bonkula-t:20170504094545p:plain

→ニンギルス①効果で1ドロー→ニンギルスと星杯通常モンスターで《ファイアウォール・ドラゴン》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20170503175459p:plain

→墓地の《星杯の守護竜》②効果で星杯通常モンスターを《星杯剣士アウラム》のリンク先に蘇生→アウラム②効果で星杯通常モンスターを《星杯神楽イヴ》に変換→アウラムとイヴで二体目の《ファイアウォール・ドラゴン》リンク召喚

最終盤面:《ファイアウォール・ドラゴン》二体(実質手札消費一枚)

 

TUEEEE!!

このコンボ以外でも手札に来てしまった《神聖なる球体》を《創造の代行者 ヴィーナス》に変換する手段としても《トランスターン》は使えます。

 

《創造の代行者 ヴィーナス》採用型【星杯】、これには未来を感じるぜ。。

 

遊戯王カード 【 創造の代行者 ヴィーナス 】 SD20-JP006-N 《ロスト・サンクチュアリ》

遊戯王カード 【 創造の代行者 ヴィーナス 】 SD20-JP006-N 《ロスト・サンクチュアリ》