ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

海外で流行中!?《究極進化薬》採用型【恐竜真竜竜星】デッキ考察

2017年7月29日開催の海外大会で上位入賞したデッキ↓

第7回CHINA NATIONAL CS 予選 広州 1位B【恐竜真竜星】

 

このデッキの特徴はメインデッキから《究極進化薬》が採用されていたこと。

f:id:bonkula-t:20170802204334j:plain

このカード最大のメリットは《究極伝導恐獣》をリクルートできること。

f:id:bonkula-t:20170804190755p:plain

 

このデッキなら《魂喰いオヴィラプター》一枚から《究極進化薬》の発動条件を満たすことができます。

f:id:bonkula-t:20170804190826p:plain

《魂喰いオヴィラプター》通常召喚から“いつもの展開”で《源竜星-ボウテンコウ》S召喚

f:id:bonkula-t:20170804190906p:plain

→ボウテンコウ②効果でデッキから幻竜族を墓地に送る→これで墓地に恐竜族と恐竜族以外のモンスターが揃い、《究極進化薬》発動から《究極伝導恐獣》リクルート

 

ハイ簡単~!

この動きから後攻1ターン目から《究極伝導恐獣》を展開して切り返しなんて動きも狙えます。このコンボに頼らずとも《究極進化薬》の発動条件はかなり緩く、恐竜族と幻竜族をバランス良く使う【恐竜真竜星】ならこのカードの発動機会には困らないでしょう。

 

また《究極進化薬》を採用することでさらに恐竜族の除外手段が増えるため、《ジャイアント・レックス》を過労死させやすくなるのも地味にメリットですね。

f:id:bonkula-t:20170804190506p:plain

《究極進化薬》は手札からも除外できるため、素引きしてしまった《ジャイアント・レックス》をコストにしてそのまま特殊召喚なんて動きもできます。

これはこのデッキとも絶対相性良いわ↓

 

《究極進化薬》採用型【恐竜真竜星】、これは今後日本の環境でも“逆輸入”されるかもしれませんね。