ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

【サイバース族】の先行エクストラリンクがなんか凄い(ソリティア注意)

『ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-』で大量の新規強化カードを得た【サイバース族】ですが、2018年7月14日発売の『SOUL FUSION』でも優秀な新規が多数登場する模様。

で、それらのカードを組合わせることで【サイバース族】はかなり緩い条件で先行エクストラリンクができるようになりました。

 

 

 

そのコンボがこれ↓

手札に《サイバネット・コーデック》とモンスターを特殊召喚できるカードがある状態で

f:id:bonkula-t:20180705143532j:plain

《サイバネット・コーデック》発動→通常召喚と特殊召喚を組合わせて効果モンスター二体を展開しそれらを素材に《コード・トーカー》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20180705143417p:plain

→《サイバネット・コーデック》効果で《マイクロ・コーダー》サーチ

f:id:bonkula-t:20180705143456j:plain

→手札のマイクロ・コーダーとフィールドのコード・トーカーで《エンコード・トーカー》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20180705145435j:plain

→《サイバネット・コーデック》効果で《サイバース・ガジェット》サーチ

f:id:bonkula-t:20180705145451j:plain

→マイクロ・コーダー②効果で《サイバネット・オプティマイズ》サーチ

f:id:bonkula-t:20180705145523j:plain

→《サイバネット・オプティマイズ》発動し①効果で《サイバース・ガジェット》召喚→ガジェット①効果で《マイクロ・コーダー》蘇生し二体で《クロック・スパルトイ》リンク召喚から《サイバネット・フュージョン》サーチ

《クロック・スパルトイ》
リンク2/闇属性/サイバース族/攻 800

【リンクマーカー:下/右下】
サイバース族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「サイバネット・フュージョン」1枚を手札に加える。
(2):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合、自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

《サイバネット・フュージョン》
通常魔法

(1):自分の手札・フィールドから、サイバース族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合、自分の墓地のサイバース族リンクモンスター(1体まで)を除外して融合素材とする事もできる。

→ガジェット②効果でトークン生成しそれを素材に《リンク・ディサイプル》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20180705145614j:plain

→《リンク・ディサイプル》と《クロック・スパルトイ》で《トランスコード・トーカー》を《エンコード・トーカー》の下のメインモンスターゾーンにリンク召喚

f:id:bonkula-t:20180705145650j:plain

→《サイバネット・コーデック》効果で《ドットスケーパー》サーチ

f:id:bonkula-t:20180705145712j:plain

→《トランスコード・トーカー》②効果でリンクモンスターを蘇生し《エンコード・トーカー》と合わせて《ファイアウォール・ドラゴン》をトランスコードの右側にリンク召喚

f:id:bonkula-t:20180705144302p:plain

→トランスコードを素材に《セキュア・ガードナー》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20180705145752j:plain

→ファイアウォール②効果で《ドットスケーパー》特殊召喚しそれを素材に《トークバック・ランサー》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20180705145817j:plain

→《ドットスケーパー》①効果で自己蘇生→《トークバック・ランサー》効果で《セキュア・ガードナー》をリリースし《コード・トーカー》蘇生→トークバックとコード・トーカーで《エクスコード・トーカー》を《ファイアウォール・ドラゴン》の左側にリンク召喚

f:id:bonkula-t:20180705145917j:plain

→チェーン1:ファイアウォール②効果、チェーン2:《サイバネット・コーデック》の順で発動し、《クロック・ワイバーン》サーチからそのまま特殊召喚

《クロック・ワイバーン》
星4/風属性/サイバース族/攻1800/守1000

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。このカードの攻撃力を半分にし、自分フィールドに「クロックトークン」(サイバース族・風・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

→《クロック・ワイバーン》の効果でトークン生成し《ドットスケーパー》と合わせて《シューティングコード・トーカー》を《ファイアウォール・ドラゴン》の右側にリンク召喚

f:id:bonkula-t:20180705150006j:plain

→チェーン1:ファイアウォール②効果、チェーン2:《サイバネット・コーデック》の順で発動し、《シーアーカイバー》サーチからそのまま特殊召喚

f:id:bonkula-t:20180705150030j:plain

→ファイアウォール①効果で《クロック・ワイバーン》サルベージ→《サイバネット・フュージョン》発動し手札のクロック・ワイバーンと墓地のリンク3を素材に《サイバース・クロック・ドラゴン》を《エクスコード・トーカー》の左側に融合召喚

《サイバース・クロック・ドラゴン》
星7/闇属性/サイバース族/攻2500/守2000

「クロック・ワイバーン」+リンクモンスター1体以上
(1):このカードの融合召喚成功時に発動できる。その素材のリンクマーカーの合計分だけ、
自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。次のターン終了時まで、他の自分のモンスターは攻撃できず、このカードの攻撃力はこの効果で墓地へ送った数×1000アップする。
(2):自分フィールドにリンクモンスターが存在する限り、自分フィールドの他のモンスターを、相手は攻撃・効果の対象にできない。
(3):融合召喚したこのカードが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから魔法カード1枚を手札に加える。

→《シーアーカイバー》を素材に《リンク・ディサイプル》をEXモンスターゾーンにリンク召喚→シーアーカイバー効果で自己蘇生し《リンク・ディサイプル》をもう片方のEXモンスターゾーンにリンク召喚

最終盤面:《リンク・ディサイプル》⇔《エクスコード・トーカー》⇔《ファイアウォール・ドラゴン》⇔《シューティングコード・トーカー》⇔《リンク・ディサイプル》でエクストラリンク+《サイバース・クロック・ドラゴン》

 

《サイバース・クロック・ドラゴン》②効果でリンクモンスターを守れるためエクストラリンクを維持しやすいのが強み。

コンボ始動条件こそ緩いものの、このコンボだけでEXデッキのカードを13枚も消費するため、デッキの柔軟性が失われるのが難点。

 

サイバース族は今後も間違いなく増えていくので、半年後くらいにはさらに緩い条件・少ないカード消費でエクストラリンクができるようになるんだろうなぁ。。

 

遊戯王OCG デュエルモンスターズ SOUL FUSION BOX

遊戯王OCG デュエルモンスターズ SOUL FUSION BOX