ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会で結果を残した【オルフェゴール】デッキ考察

2018年7月28日開催の大会で上位入賞したデッキ↓

第3回遊戯王金沢野々市CS ベスト8【オルフェゴール】

 

 

 

このデッキの強みとなる展開はこの二つ↓

《召喚僧サモンプリースト》始動パターン

f:id:bonkula-t:20180803210404p:plain

《召喚僧サモンプリースト》通常召喚し効果で《オルフェゴール・ディヴェル》リクルートから二体で《オルフェゴール・ガラテア》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20180803210200j:plain

f:id:bonkula-t:20180803210206j:plain

→ディヴェル効果で《オルフェゴール・スケルツォン》リクルート

f:id:bonkula-t:20180803210240j:plain

→ガラテア②効果で除外されたディヴェルをデッキに戻し《オルフェゴール・バベル》をセット&発動

f:id:bonkula-t:20180803210252j:plain

→ガラテアとスケルツォンで《サモン・ソーサレス》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20180803210527p:plain

→スケルツォン効果でガラテアをソーサレスのリンク先に蘇生→ソーサレス効果で《星遺物-『星杖』》リクルートし二体で《トポロジック・ボマー・ドラゴン》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20180803210630j:plain

f:id:bonkula-t:20180803210705p:plain

→星杖③効果でスケルツォンを帰還(トポロジックのリンク先以外に置く)→ガラテアとスケルツォンで《オルフェゴール・ロンギルス》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20180803210732j:plain

→トポロジック効果でメインモンスターゾーン全破壊(ロンギルスは①効果により破壊されない)

最終盤面:《トポロジック・ボマー・ドラゴン》《オルフェゴール・ロンギルス》+《オルフェゴール・バベル》

 

自ターンでの《トポロジック・ボマー・ドラゴン》での切り返しはもちろん、《オルフェゴール・バベル》から相手ターンに墓地の《オルフェゴール・スケルツォン》の効果発動ができ、そこから再びトポロジック効果発動、さらに《オルフェゴール・ロンギルス》②効果発動も狙える。

 

《水晶機巧-ハリファイバー》始動パターン

f:id:bonkula-t:20180803210844p:plain

《水晶機巧-ハリファイバー》リンク召喚し①効果で《幻獣機オライオン》リクルートから二体で《サモン・ソーサレス》リンク召喚→オライオン効果でソーサレスのリンク先にトークン生成→ソーサレス効果で《オルフェゴール・ディヴェル》リクルート→トークンを素材に《リンク・スパイダー》リンク召喚→ディヴェルとスパイダーで《オルフェゴール・ガラテア》リンク召喚→ディヴェル効果で《オルフェゴール・スケルツォン》リクルート→ガラテア②効果で《オルフェゴール・プライム》セット

f:id:bonkula-t:20180803211912j:plain

→《オルフェゴール・プライム》発動しガラテアを墓地に送って2ドロー→ソーサレスとスケルツォンで《オルフェゴール・オーケストリオン》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20180803211012j:plain

→スケルツォン効果でガラテアをオーケストリオンのリンク先に蘇生

最終盤面:《オルフェゴール・オーケストリオン》《オルフェゴール・ガラテア》

 

2ドローしつつ二体のオルフェーゴルリンクを展開できるコンボ。二体のオルフェゴールをリンク状態にすることでどちらも耐性を得ることができる。

 

このデッキはチューナーを特殊召喚できるギミックを豊富に採用することで《水晶機巧-ハリファイバー》を安定展開できるようにし、上記コンボも狙いやすくなっています。