ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

大会で結果を残した【魔妖】デッキ考察

2018年8月4日開催のショップ大会で優勝したデッキ↓

ショップ大会(2018/8/4)1位【魔妖】

 

 

 

【魔妖】の強みは《翼の魔妖-波旬》一枚からの5連続シンクロ↓

 

《翼の魔妖-波旬》は《魔妖廻天》からサーチできるため安定性も高い。

f:id:bonkula-t:20180816093523j:plain

f:id:bonkula-t:20180816093530j:plain

 

魔妖シンクロは上位の魔妖の破壊をトリガーに自己蘇生しつつ③の固有効果を発動できる。これにより破壊に対して強いのが特徴。

f:id:bonkula-t:20180816093655j:plain

f:id:bonkula-t:20180816093703j:plain

f:id:bonkula-t:20180816093707j:plain

f:id:bonkula-t:20180816093711j:plain

f:id:bonkula-t:20180816093715j:plain

また③効果の性質から蘇生カードとも相性が良く、《麗の魔妖-妖狐》《翼の魔妖-天狗》を《戦線復帰》《魔妖変生》で蘇生すれば、フリーチェーンでの破壊も狙える。

f:id:bonkula-t:20180814145227p:plain

f:id:bonkula-t:20180816093641j:plain

 

このデッキは《翼の魔妖-波旬》からの動きとアンデット族定番の《不知火の隠者》⇒《ユニゾンビ》⇒《馬頭鬼》からの《PSYフレームロード・Ω》展開が軸になっている。

f:id:bonkula-t:20180814145308p:plain

f:id:bonkula-t:20180814145354p:plain

《PSYフレームロード・Ω》は自身の効果からメインモンスターゾーンに移動できるため魔妖シンクロと両立でき、除外されたアンデットを墓地に戻せば魔妖シンクロの自己蘇生コストも賄える。

《馬頭鬼》をフレームロードで使い回しながら魔妖シンクロの蘇生を繰り返し、③効果発動を狙うというムーブもめちゃくちゃ強い。