遊戯王らぼ

遊戯王OCG・デュエルリンクスのコンボや環境デッキを紹介するブログ

大会で結果を残した【セフィラエンディミオン】デッキ考察

2019年3月24日開催の大会で上位入賞したデッキ↓

 

 

 

【セフィラ】をベースに《サーヴァント・オブ・エンディミオン》《創聖魔導王 エンディミオン》のエンディミオンギミックを出張した構築。

f:id:bonkula-t:20190416204545j:plain

f:id:bonkula-t:20190416204828j:plain

 

《サーヴァント・オブ・エンディミオン》をPゾーンに置いた後に《セフィラの神意》⇒《セフィラの神託》⇒セフィラPゾーン発動と動くことで即座に魔力カウンターを3つ貯めることができ、P効果から魔力カウンターを乗せた《創聖魔導王 エンディミオン》のリクルートに繋げられる。

f:id:bonkula-t:20190416183149p:plain

f:id:bonkula-t:20190416183314p:plain

 

《サーヴァント・オブ・エンディミオン》《魔力統轄》の二枚からでも《創聖魔導王 エンディミオン》のリクルートが可能。

f:id:bonkula-t:20190416204900j:plain

《サーヴァント・オブ・エンディミオン》をPゾーンに置く→《魔力統轄》発動しエンディミオンPモンスターサーチからサーヴァントに魔力カウンターを1つ置く→サーヴァント①効果で自身に魔力カウンターを1つ置く→エンディミオンPモンスターをPゾーンに置く→サーヴァント①効果で自身に魔力カウンターを1つ置く→サーヴァント②効果で《創聖魔導王 エンディミオン》と自身を特殊召喚しそれぞれに魔力カウンター1つを置く

 

 《魔力統轄》は《サーヴァント・オブ・エンディミオン》自体のサーチカードとして使えるのも優秀。

 

ちなみに《サーヴァント・オブ・エンディミオン》P効果から《魔導獣 キングジャッカル》をリクルートすれば、相手のモンスター効果の発動を牽制できる。

f:id:bonkula-t:20190416205027j:plain

相手のデッキタイプや盤面状況に合わせて《創聖魔導王 エンディミオン》《魔導獣 キングジャッカル》とリクルート先を使い分ければ、より柔軟な動きができる。

 

《サーヴァント・オブ・エンディミオン》は③効果から破壊されてもPゾーンに戻ることができ、P効果の再利用やP召喚の安定に繋がるのも優秀。

 

このデッキはPモンスターと魔法カードが豊富に採用されているため、上記パターン以外でも安定して《サーヴァント・オブ・エンディミオン》のP効果発動が狙える。

 

エンディミオンを組み込むことで従来の【セフィラ】よりも制圧盤面が作りやすくなっており、P召喚だけでなくP効果からも強い展開ができるようになったことで動きの手数が増えたのも強化ポイント。

デッキとしての楽しさも上がってるし、これは【セフィラエンディミオン】、今後流行るかも。。