読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

【十二獣】の《飛翔するG》対策に“レベル6Sモンスター採用”が有効な理由

遊戯王 【十二獣】

2017年1月29日開催の大会で優勝したデッキ↓

第7回暁杯〜新年会!〜 1位C【十二獣壊獣】

 

このデッキで特徴的だったのがエクストラデッキに《瑚之龍》がピン刺しされていたこと。

f:id:bonkula-t:20170204075156p:plain

【十二獣壊獣】でレベル6シンクロを展開することはまず無いと思うんだけど、どういうこと?

 

その答えがこのカード↓

f:id:bonkula-t:20170204073618p:plain

今の環境は十二獣対策として《飛翔するG》の採用率が急上昇しておりまして↓

相手が発動し自分フィールドに展開された《飛翔するG》を《灰流うらら》または《幽鬼うさぎ》といったレベル3チューナーと合わせてレベル6シンクロの素材にしてしまうことで、能動的にGを処理できるというわけ。

f:id:bonkula-t:20170204074902p:plain

f:id:bonkula-t:20170204074911p:plain

今の【十二獣】は《灰流うらら》《幽鬼うさぎ》ともに必須で採用されており、これらのカードのチューナーとしての側面を活かしたプレイングなのですな。これならメインデッキを割かずに《飛翔するG》対策ができるというのもオイシイです。