ボンクラの哲学

ずっと俺のターン!

《マイクロ・コーダー》の登場で【サイバース族】のコード・トーカー展開が実用的に!?

2018年6月23日発売の『ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-』 で登場する新カード↓

《マイクロ・コーダー》
星1/闇属性/サイバース族/攻 300/守 0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードをリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「サイバネット」魔法・罠カード1枚を手札に加える。フィールドのこのカードを素材とした場合にはその1枚をサイバース族・レベル4モンスター1体にできる。

 

 

 

このカードの登場で【サイバース族】はコード・トーカー展開が超捗るようになります。

手札に《マイクロ・コーダー》を含めたサイバース族3枚がある状態で

サイバース族モンスターを通常召喚→フィールドのサイバース族と手札の《マイクロ・コーダー》を素材に《コード・トーカー》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20180613215054j:plain

→マイクロ・コーダー②効果で《サイバネット・オプティマイズ》サーチ

《サイバネット・オプティマイズ》
永続魔法

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。サイバース族モンスター1体を召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):自分の「コード・トーカー」モンスターが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

 →《サイバネット・オプティマイズ》発動し①効果で手札のサイバース族を召喚しコード・トーカーと合わせて《トランスコード・トーカー》リンク召喚

f:id:bonkula-t:20180613214600j:plain

→トランスコード②効果でコード・トーカー蘇生

最終盤面:《トランスコード・トーカー》《コード・トーカー》+《サイバネット・オプティマイズ》

 

それぞれの効果から《トランスコード・トーカー》は攻撃力2800になり効果の対象にならず、《コード・トーカー》は攻撃力2300になり効果の対象にならずさらに破壊耐性も得ることができる。

【サイバース族】なら《マイクロ・コーダー》さえ握れば安定して狙えるコンボです。

 

遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ マスター・リンク

遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ マスター・リンク